NTTグループがリモートワーク中心の組織体系へ 転勤、単身赴任を廃止

2021年10月1日 12:16

印刷

記事提供元:スラド

NTTグループは28日、コロナ禍後を見据えた新たな経営スタイルへの変革に関する発表を行った。新たな方針として全グループ社員を対象に、勤務形態を在宅やサテライトオフィスでのリモートワークに切り替える。2022年度中に導入する。あわせて転勤や単身赴任も廃止する方向だという。首都圏に集中していた本社や管理部門などを地方の中核都市に分散、組織体系に関しても「一極集中型組織」から「ネットワーク型組織」に変革していく。加えてサテライトオフィスをこれまでの4倍となる全国260か所以上整備していくとしている(NTTグループNHKマイナビニュースITmedia)。 

スラドのコメントを読む | ITセクション | 通信 | クラウド | ニュース | NTT | アナウンス

 関連ストーリー:
野村HD、在宅勤務でも完全禁煙とする方針。10月から 2021年09月02日
テレワークの集中実施を求める「テレワーク・デイズ2021」。オリパラ期間の混雑の緩和などを目的に 2021年06月15日
文科省が教師の魅力UPにとTwitterで「#教師のバトン」を募集するも残業代未払いなどの話題が殺到 2021年04月02日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード

関連記事