押して歩く時もアシストする機能搭載の電動アシスト自転車、国内初

2021年5月26日 09:08

印刷

記事提供元:スラド

パナソニックが国内で初めて押し歩き時のアシストを行う電動アシスト自転車を発表した。製品名は「ビビ・L・押し歩き」で発売日は7月6日、価格は12万9000円であるという。押し歩きアシスト機能は、降りた時の取り回しが大変とするユーザーの声を反映して開発されたという(パナソニック家電 Watch)。

また2019年12月1日に改正道路交通法が施行され、押し歩きを補助する自転車に関しても歩行者としてみなされるようになったことも影響しているという。この改正では駆動速度が6km/h以下であること、サドルが使えないようになっていること、自転車から離れると駆動が止まることの条件が設定されているとのこと。この製品では押し歩き時には電源が入っている状態でサドルを引き上げ、サドルが傾斜した状態のみ押し歩きアシストが作動する仕組みになっているそうだ。 

スラドのコメントを読む | 交通

 関連ストーリー:
ヤマハ発動機の電動アシスト自転車で法令速度以上でのアシストが行われる不具合 2020年02月06日
経産省による「6人乗り電動アシスト付きベビーカーは軽車両」との判断が話題に 2017年09月13日
パナソニック、国内大手初の電動アシスト機能付きマウンテンバイクを発売 2017年07月07日
警察庁など、複数の電動アシスト自転車についてアシスト力が強すぎるとして使用を控えるよう呼びかける 2016年10月29日
自転車を簡単に電動アシスト化するコンバージョンキット 2016年07月21日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードパナソニック電動アシスト自転車

関連記事