カーメイト、LEDヘッドバルブ「GIGA」にエントリーモデルを追加

2021年5月16日 16:29

小

中

大

印刷

C3600シリーズ(画像: カーメイトの発表資料より)

C3600シリーズ(画像: カーメイトの発表資料より)[写真拡大]

写真の拡大

  • GIGA LEDヘッドバルブ C3600 6000K H4(画像: カーメイトの発表資料より)
  • GIGA LEDヘッド&フォグバルブ C3600 6000K HB3/HB4(画像: カーメイトの発表資料より)
  • GIGA LEDヘッド&フォグバルブ C3600 6000K H8/H9/H11/H16(画像: カーメイトの発表資料より)
  • 発光色イメージ(画像: カーメイトの発表資料より)
  • 照射光シリーズ(画像: カーメイトの発表資料より)
  • C3600シリーズ サイズ(画像: カーメイトの発表資料より)

 カーメイトは14日、自動車用ライトブランドの「GIGA」より、エントリー戻るとなるLEDヘッドバルブ『GIGA LEDヘッドバルブ C3600』シリーズを発売したと発表した。発売日は4月26日。3年保証付きとなっており、ハイブリッド車、アイドリングストップ車にも対応している。

【こちらも】左の幅寄せが楽になる室内取付けアンダーミラー、カーメイトが発売

■基本性能

 C3600シリーズの色温度は6000Kの白色光で、基盤部に泥、水分などが入りにくい密閉構造となっているため、さまざまな環境下でも使用できる。見やすさをアップし、ナイトドライブにも最適なつくりとなっている。

 高輝度LEDは路面照射性能を高めるため、ハロゲンバルブのフィラメントに近い位置に装着し、適切な配光を施した。高性能小型冷却ファンを搭載し、ヒートシンク一体型ボディに直接風を当てる「ダイレクトクーリング」構造を採用。これによりLEDの発熱を抑え、使用中の明るさの低下を抑制するという。

 バルブ交換となると、ドライバーユニットやコントロールユニットなど別途回路を組んだりする場合もあるため、少し手間となることもあるが、C3600シリーズはハロゲンバルブと交換するだけの簡単取り付けを実現したという。ドライバーユニットも内蔵されているため、多くの車種にも対応している。

■商品一覧

 C3600シリーズは「GIGA LEDヘッドバルブ C3600 6000K H4」、「GIGA LEDヘッド&フォグバルブ C3600 6000K HB3/HB4」、「GIGA LEDヘッド&フォグバルブ C3600 6000K H8/H9/H11/H16」の計3タイプがラインアップされている。

 C3600 6000K H4は長さ82.3mm、幅21.0mm、バルブタイプはH4で全光束(2灯合計)はハイビームが3600lm、ロービームが3200lm。

 C3600 6000K HB3/HB4は長さ76.5mm、幅38.7mm。バルブタイプはHB3/HB4で全光束(2灯合計)が3600lm。

 C3600 6000K H8/H9/H11/H16は長さ76.5mm、幅34.7mm。バルブタイプはH8/H9/H11/H16、全光束(2灯合計)が3600lmとなっている。

 価格はオープンではあるが、カーメイト公式オンラインストアでは予約販売が開始されており、H4バルブ、HB3/HB4バルブ、H8/H9/H11/H16バルブは1万780円(消費税込)で販売されている。(記事:キーパー・記事一覧を見る

関連記事

広告