サンコーテクノ 21年3月期は増益、機能材事業の利益は2ケタ増

2021年5月13日 11:57

印刷

記事提供元:フィスコ


*11:57JST サンコーテクノ---21年3月期は増益、機能材事業の利益は2ケタ増
サンコーテクノ<3435>は12日、2021年3月期連結決算を発表した。売上高が前期比3.0%減の179.40億円、営業利益が同2.2%減の14.75億円、経常利益が同3.2%減の14.81億円、親会社株主に帰属する当期純利益が同1.8%増の10.26億円となった。

ファスニング事業の売上高は前期比3.0%減の135.88億円、セグメント利益は同6.6%減の17.61億円となった。各種設備工事等の需要は、民間工事・公共工事ともに前年を下回る水準にとどまっている。これに伴い、主力製品のあと施工アンカーの販売は減少した。また、インフラ関連を中心に完成工事高が増加したものの、ドリル・ファスナー製品の販売が減少し、海外売上高についても減少したことから、総じて軟調な推移となった。

機能材事業の売上高は前期比2.9%減の43.52億円、セグメント利益は同15.7%増の5.26億円となった。電動油圧工具関連の販売が、国内・海外ともに前年を下回る水準で推移したほか、電子基板関連、FRPシート関連及びアルコール検知器関連の販売も減少した。一方、2020年3月期第2四半期より新たに加わった、包装・物流機器関連の売上高が増加した。

2022年3月期通期の連結業績予想については、売上高が183.50億円、営業利益が15.20億円、経常利益が15.20億円、親会社株主に帰属する当期純利益が10.20億円を見込んでいる。2022年3月期の期首より「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号)等を適用するため、連結業績予想は当該会計基準等を適用した後の金額となっていることから、対前期増減率は記載していない。《ST》

関連記事