日経平均テクニカル:小幅続伸、パラボリ陽転が接近

2021年5月7日 18:15

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*18:15JST 日経平均テクニカル:小幅続伸、パラボリ陽転が接近
7日の日経平均は小幅続伸した。前日と同じくローソク足は25日線上まで上ヒゲを伸ばした後、25日線割れで終了。胴体部分と上下のヒゲがいずれも短い「星」を示現して売り買いの拮抗状態を窺わせた。一目均衡表では終値が2日連続で雲中にとどまる一方、遅行線は弱気シグナル発生を再開し、今後の買い余力低下が警戒される。ただ、パラボリックの買いサイン点灯値が本日ザラ場高値から192.41円上の29642.27円まで下がっており、日柄調整終了とその後の反転開始に期待をつなぐ形で週末を迎えた。《FA》

関連記事

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • 新型NX(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
  • 新型ランドクルーザー(300系)(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
  • (c) 2021 Universal Studios. All Rights Reserved.
  • (c) 2021 『ドライブ・マイ・カー』製作委員会
  • タント特別仕様車 楽天イーグルス エディション ⓒRakuten Eagles
  • Photo:スカイライン打倒を果たした「第6回富士TT」で激走する加茂・増田組サバンナ(マツダレース委員会アーカイブ)
  • © 2021 Universal Pictures
  • レクサスの特別仕様車3種と松山英樹選手(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース