埼玉のイオンレイクタウン、大規模リニューアルへ 第1期開業は4月29日

2021年4月6日 19:04

小

中

大

印刷

イオンレイクタウンの全景(イオンモール発表資料より)

イオンレイクタウンの全景(イオンモール発表資料より)[写真拡大]

写真の拡大

 埼玉県越谷市レイクタウンのイオンレイクタウンが今春から2022年春にかけ、3期に分けて大規模リニューアルを実施する。第1期はファッション、雑貨、食の専門店など39店を刷新して4月29日にリニューアルオープンする。さらに、第2期、第3期を合わせて約60店を入れ替えることにしている。

【こちらも】イオンモール川口、5月28日にグランドオープン 約150の専門店集結

 イオンレイクタウンはJR武蔵野線の越谷レイクタウン駅北口に立地し、「kaze」、「mori」、「アウトレット」の3館合わせた総賃貸面積約18万3,000平方メートルに、約710の専門店が出店している。2015年に大規模リニューアルを実施したが、6年が経過して利用客のニーズに変化がうかがえることから、約100店を刷新することにした。

 第1期リニューアルでは「kaze」の13店、「mori」の17店、「アウトレット」の9店を入れ替える。「kaze」では、スポーツウエア・カジュアルウエア「クラウディオ・パンディアーニ」、神奈川県江の島のフレンチトースト専門店「ロンカフェ」、マイクロ豚と触れ合える動物カフェ「マイピッグカフェ」が埼玉県初出店となる。

 「mori」では、台湾の点心料理店「鼎泰豊」が埼玉県に初登場するほか、二八そばの「小木曽製粉所」が新規出店する。「アウトレット」では、ドイツ・ミュンヘン発のレザーブランド「AIGNER」がアウトレット店舗として全国初出店するのに加え、テーブルウェアの英国ブランド「ウエッジウッド」などが登場する。

 イオンレイクタウンは2008年、田畑や湿地帯を造成した区画に開業した。3館合わせた商業施設面積の24万5,000平方メートルは、千葉市美浜区のイオンモール幕張新都心の約12万8,000平方メートルを大きく上回り、国内最大のショッピングセンターになる。(記事:高田泰・記事一覧を見る

関連キーワードイオン(AEON)イオンモール

関連記事

広告

写真で見るニュース

  • アマゾンを通じた配送サービスのイメージ(アマゾンジャパン発表資料より)
  • Golf Touran(画像: フォルクスワーゲン グループ ジャパンの発表資料より)
  • 世界初公開となったアウディ・Q4 e-tronシリーズ(画像: アウディジャパン発表資料より)
  • 木星
  • Photo:最後に最上級機種「1300ccのスーパーデラックス」を販売するのが秘訣だった
  • Outback Wilderness(アウトバック ウィルダネス)(画像: スバルの発表資料より)
  • (C) 2020 20th Century Studios. All rights reserved.
  • e-POWERイメージ(画像:日産自動車株式会社発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース