日本郵便、10月からサービス変更 土曜日配達を一部休止 速達料金は引き下げ

2021年4月3日 11:08

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

日本郵便は1日郵便法改正に伴い、10月から普通扱いの郵便物やゆうメールのサービスを一部変更、土曜日の配達を廃止すると発表した(郵便法改正に伴うサービスの見直し2021年10月から郵便物(手紙・はがき)・ゆうメールのサービスを一部変更します。過去記事)。

スマートレター特定記録とされる郵便物に関しても同様であるという。これらに関しては配達にかかる日数に関しても1日程度延びるとしている。書留や速達、簡易書留、ゆうパック、レターパック等に関してはこれまで通り土曜日も配送される。産経新聞の記事によれば、これにより郵便事業単体で約500億円の節減効果があるとしている。

合わせて速達料金に関しては値下げが行われる。250グラムまでに関しては290円から260円に、1キロまでに関しては390円から350円に、4キロまでを660円から600円に値下げするとしている。 

スラドのコメントを読む | ビジネス | 通信 | 交通

 関連ストーリー:
郵便配達を土曜日は廃止へ。総務省が改正法案を次の臨時国会に提出方針 2020年10月16日
東芝株主総会、議決権行使書約1300通が期限までに届かず無効に 2020年09月04日
日本郵便、土曜配達を廃止し平日限定を検討 2018年11月16日
ヤマト運輸、「曖昧な信書の定義」で顧客が罰せられることを懸念してメール便を廃止へ 2015年01月23日
フロッピーディスクは信書にあらず 2003年03月23日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード日本郵便

関連記事