30日上場のAppierGroup(エイピアグループ)は後場、公開価格の29%高(2060円)で始まる

2021年3月30日 12:36

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

■初値は同27%高の2030円、一時37%高まで上伸

 3月30日新規上場となったAppier Group(エイピアグループ)<4180>(東マ)は、9時49分に公開価格1600円を27%上回る2030円で売買が成立し初値をつけた。その後は同37%高の2198円まで上げる場面を見せ、前引けは2066円となった。

 AIを駆使してマーケティングやなどを支援。世界15の国・地域で事業を営んでおり、グループの事業統括会社であるAppier Pte.Ltd.は米ドルを機能通貨としている。このため、業績予想作成においても、まずは米ドル建てで業績予想を作成し、それを日本円に換算している。

 2021年12月期の業績予想(連結、会社発表)は、売上高を109.43億円(前期比22.0%増)、売上総利益は55.60億円(同34.8%増)とする一方、収益面では、引き続き将来的な事業拡大のため営業人員やエンジニアの人件費などに対する先行投資を行う計画のため、営業損失は15.51億円(前期は15.78億円の損失)、当期損失は16.74億円(同14.54億円の損失)を見込んでいる。為替前提レートは1米ドル104円を想定。(HC)(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
Jトラストは成長加速に向けて事業ポートフォリオ再編、21年12月期黒字転換予想(2021/03/29)
【編集長の視点】リョーサンは業績上方修正を見直して割安自動車関連株買いが再燃し反発(2021/03/04)
【小倉正男の経済コラム】米国ゲームストップ株事件:個人投資家VSファンド(2021/02/04)
松田産業は08年以来の高値圏、21年3月期の利益予想は3回目の上振れの可能性(2021/03/29)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

関連記事

広告

財経アクセスランキング