抗ウイルス機能追加の車用エアコンフィルター、カーメイトが発売

2021年2月23日 08:05

小

中

大

印刷

集塵、消臭効果に加え、抗ウイルス、菌、カビなどのアレル物質の活動を抑制する「エアデュース 抗菌抗ウイルス消臭エアコンフィルター」(画像:カーメイト発表資料より)

集塵、消臭効果に加え、抗ウイルス、菌、カビなどのアレル物質の活動を抑制する「エアデュース 抗菌抗ウイルス消臭エアコンフィルター」(画像:カーメイト発表資料より)[写真拡大]

写真の拡大

 カーメイトは19日、「ナクレット」を使用した抗菌、抗ウイルス、消臭機能付きの車用エアコンフィルター「エアデュース 抗菌抗ウイルス消臭エアコンフィルター」を発売した。車のエアコンフィルターは定期的に交換が必要であり、このフィルターに交換するだけで花粉やホコリだけでなく、ウイルスやカビの胞子、細菌などのアレル物質を除去できる。

【こちらも】除菌消臭成分を強力拡散 シリーズ最強・最速の「ドクターデオ」発売 カーメイト

 エアコンフィルターは、最近の車のほとんどに装着されており、外気導入時に車内に進入するチリやホコリを除去するだけでなく、排気ガスなどのニオイを取り除くことも目的だ。

 一般に、1年または1万km程度走行での交換をメーカーで推奨しており、交換時期を過ぎるとフィルターの目詰まりからエアコンの風量が落ちるほか、外気導入時に排気ガスなどのニオイが車内に進入するようになる。

 定期的な交換が必要なエアコンフィルターであることから、フィルター自体の値段も数千円程度とそれほど高いものではなく、交換作業も簡単に出来るように設計されている。

 カーメイトのエアコンフィルターが採用している「ナクレット」は、三菱製紙が製造している3層構造の濾材だ。病院等の空調でも使用されており、脱臭・集塵・付加機能を1つのフィルターに集約している。

 カーメイトではこれまでもナクレットを使用してきたが、「エアデュース 抗菌抗ウイルス消臭エアコンフィルター」は、さらに抗ウイルス機能を付加している。抗ウイルス機能は、ウイルス、カビ、アレル物質の活動を抑制し、車内をクリーンな空間に保つという。

 また集塵濾材が100ミクロン以上の粒子を99.9%除去するため、花粉の侵入も効果的に防ぎ、活性炭素材で効果的に消臭する。

 販売は、インターネット限定となり、Amazonやカーメイト公式オンラインストアで取り扱っている。(記事:小泉嘉史・記事一覧を見る

関連記事

広告

写真で見るニュース

  • アマゾンを通じた配送サービスのイメージ(アマゾンジャパン発表資料より)
  • Golf Touran(画像: フォルクスワーゲン グループ ジャパンの発表資料より)
  • 世界初公開となったアウディ・Q4 e-tronシリーズ(画像: アウディジャパン発表資料より)
  • 木星
  • Photo:最後に最上級機種「1300ccのスーパーデラックス」を販売するのが秘訣だった
  • Outback Wilderness(アウトバック ウィルダネス)(画像: スバルの発表資料より)
  • (C) 2020 20th Century Studios. All rights reserved.
  • e-POWERイメージ(画像:日産自動車株式会社発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース