Spotify、勤務国や都市も選べる「Work From Anywhere」発表

2021年2月15日 08:18

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

Spotifyは12日、在宅勤務(Work From Home: WFH)をさらに進めてより柔軟な勤務を可能にする「Work From Anywhere (WFA)」を発表した(ニュースリリースHR Blogの記事The Vergeの記事SlashGearの記事)。

Spotifyでは数年前から未来の仕事がどのような形になるか議論しており、グローバル化とデジタル化がより柔軟な労働環境に導くとの結論に達していたという。しかし2020年、より柔軟な労働環境に導いたのはCOVID-19パンデミックだった。これにより未来の話だと考えていた労働環境の変化が加速し、柔軟性と分散化を優先する会社への転換を始める時期だと考えるようになったという。

WFAでポイントとなるのは、フルタイムで在宅勤務するかオフィス勤務するか、在宅勤務とオフィス勤務を組み合わせるかを選択可能にする「My Work Mode」と、勤務国・都市も選択可能な勤務場所の選択だ。My Work Modeで在宅勤務とオフィス勤務を組み合わせる場合、その比率については各従業員が上司と相談して決めることになる。また、Spotifyのオフィスが近くにない場所を選んだ従業員がオフィスでの勤務を望んだ場合、共用オフィスのメンバーシップでサポートするとのこと。

WFAは今夏から導入されるが、勤務場所の選択についてはタイムゾーンの違いや地域ごとの法人法の違いなどにより、ある程度の制約が出てくるとみられる。 

スラドのコメントを読む | ITセクション | ビジネス | IT | 音楽

 関連ストーリー:
国税庁、在宅勤務者の通信費・電気代などの非課税分の算出法などを公開 2021年01月19日
在宅勤務時の服装、どんな感じ? 2020年12月17日
在宅勤務の作業環境、整ってる? 2020年08月01日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードSpotify在宅勤務

関連記事