国土交通省、自動車検査証の電子化に関して仕様まとめる

2020年12月11日 09:30

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

国土交通省は12月8日、電子化された自動車検査証(以下電子車検証)の仕様を固めたそうだ。同省によれば、自動車保有関係手続のワンストップサービス化を進めていくことから、車検証の電子化を進めていくという。電子化により、継続検査等で必要となっていた紙の車検証の受取のための運輸支局へ行くことなどが不要になるとされる(国土交通省レスポンス)。

電子車検証の仕様については、A6サイズ程度の台紙にICタグを貼り付ける方式を採用するとしている。電子化を可能な限り低コストで行えるようにするため、この仕様にまとまったとしている。車検証電子化自体に関しては2023年1月からを予定している。今後は制度や関係システムを構築していくとしている。 

スラドのコメントを読む | 日本 | 政府 | 交通

 関連ストーリー:
横浜シーサイドラインが無人運転を再開 2019年09月08日
自動運転の実用化に向けた改正道路運送車両法が成立 2019年05月19日
自動車関連税制の見直し、走行距離に応じた課税も検討? 2018年11月29日
自動ブレーキなどの先進システムに対応すべく車検項目を拡充する動き 2018年02月28日
公道カート、規制強化へ 2017年12月06日
自動車の低速走行時の急加速を防ぐ「保護ブレーキシステム」 2017年01月13日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード国土交通省

関連記事

広告