22日のNY市場は上昇

2020年10月23日 06:21

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


[NYDow・NasDaq・CME(表)]

NYDOW;28363.66;+152.84Nasdaq;11506.01;+21.31CME225;23580;+80(大証比)

[NY市場データ]

22日のNY市場は上昇。ダウ平均は152.84ドル高の28363.66ドル、ナスダックは21.31ポイント高の11506.01ポイントで取引を終了した。新規失業保険申請件数が減少し経済封鎖が始まった3月以降で最小となるなど、良好な経済指標を好感し上昇して寄り付いた。その後、追加経済対策を巡り不透明感から一時下落する局面もあったが民主党のペロシ下院議長が合意に楽観的な見通しを示すと引けにかけて一段高となった。セクター別ではエネルギー、銀行が上昇した一方で、家庭・パーソナル用品が下落した。シカゴ日経225先物清算値は大阪比80円高の23580円。ADRの日本株はトヨタ<7203>、ファナック<6954>、ファーストリテ<9983>、任天堂<7974>、HOYA<7741>、富士通<6702>、富士フイルム<4901>、資生堂<4911>、エーザイ<4523>、オムロン<6645>、TDK<6762>など、対東証比較(1ドル104.87円換算)で全般堅調。《FA》

関連記事

広告

財経アクセスランキング