前日に動いた銘柄 part1 No.1、リニカル、HUグループなど

2020年9月19日 07:15

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*07:15JST 前日に動いた銘柄 part1 No.1、リニカル、HUグループなど
銘柄名<コード>18日終値⇒前日比
*KDDI<9433> 2743.0 -117.0
携帯料金引き下げへの圧力をあらためて警戒視。

*NTTドコモ<9437> 2698.5 -80.0
携帯料金引き下げへの圧力をあらためて警戒視。

*石塚硝子<5204> 1996 +9
王子HD<3861>との資本提携発表、紙容器関連事業で合弁へ。

*リニカル<2183> 890 +88
北里研究所と新型コロナの治験業務委託契約を締結。

*HUグループ<4544> 2859 +137
従来未定としていた今期営業利益は前期比41%増-86%増見込む。

*バンクオブイノベ<4393> 3910 -700
従来未定としていた20年9月期最終損益は赤字転落見込む。

*システムソフト<7527> 118 +16
値頃感の強いシステム会社として短期資金の値幅取り向かう。

*アレンザHD<3546> 1811 +264
大幅な業績・配当予想の上方修正を評価。

*サンネクスタグループ<8945> 1033 +126
特に材料見当たらない。

*MrMax<8203> 901 +81
特に材料見当たらないが買い戻し優勢か。

*マイネット<3928> 1402 +116
特に材料見当たらないが足元の好業績を再評価か。

*コロワイド<7616> 2080 +124
特に材料見当たらないが連休前に買い戻し優勢か。

*新日本電工<5563> 226 +11
特に材料ない中で上げ幅拡大。

*アウトソーシング<2427> 942 +51
25日線レベルでは押し目買い優勢。

*SHIFT<3697> 14410 +400
DX関連として買いが続く。

*エイジア<2352> 2336 +127
上半期業績予想の上方修正を発表。

*エヌ・ティ・ティ・データ<9613> 1357 +96
行政デジタル化による活躍余地の高まりを意識も。

*エムティーアイ<9438> 884 +35
7月高値更新で上値妙味も。

*ワタベウェディング<4696> 316 -26
前日は千趣会の急騰につれ高したが。

*千趣会<8165> 436 -38
JR東日本との資本提携で前日は急伸。

*ダントーHD<5337> 393 -33
前日は三角保合い上放れ追随買いで人気化。

*ヤーマン<6630> 1722 -124
上値の重さ意識で利食い売り優勢か。

*クスリのアオキ<3549> 9240 -410
好決算発表も出尽くし感が先行へ。

*マネジメントソリューションズ<7033> 1554 -36
前日にかけ連日大幅高の反動。

*フリービット<3843> 943 -79
上値の重さ意識で利食い売りか。

*富士石油<5017> 194 +1
買い戻しも一巡で戻り売り優勢か。

*カプコン<9697> 5830 -130
「ニンテンドースイッチ」「モンハン」新作と伝わるが出尽くし。

*ノムラシステムコーポレーション<3940> 439 -17
前日はDX関連の低位株として人気化。《FA》

関連記事

広告

広告

写真で見るニュース

  • ポルシェ・タイカン(画像: ポルシェAGの発表資料より)
  • インドで発表されたコンパクトSUV日産マグナイト(画像:日産自動車の発表資料より)
  • 木星を周回し火山から噴煙を上げる衛星イオのイメージ (c) ALMA (ESO/NAOJ/NRAO), I. de Pater et al.; NRAO/AUI NSF, S. Dagnello; NASA/JPL/Space Science Institute
  • おとめ座付近にある多数の恒星によるシェル状構造 (c) レンセラー工科大学
  • クラウドファンディングで販売されているLanmodo NVS Vast Proの利用イメージ画像。(画像: TS TRADE発表資料より)
  • (画像: UNIの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース