三脚メーカーのベルボン、カメラ周辺機器のハクバに事業譲渡

2020年8月6日 20:21

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

カメラ用三脚で知られるベルボンが、カメラ用三脚の企画・設計・開発に関わる事業を、ハクバ写真産業に譲渡するそうだ。カメラバッグなどの周辺機器を手がけるハクバの持つと顧客基盤とベルボンが持つカメラ用三脚事業の親和性から、事業譲渡を受けて継続運営することで一致したとしている(ハクバ写真産業プレスリリース[PDF])。

デジカメWatchによるとこの事業譲渡により、ベルボン製品の修理品の受付窓口がハクバ写真産業に移行する。すでに8月3日からベルボンおよび同社の取り扱い製品のサポートを受け付けているとしている(デジカメ Watch)。 

スラドのコメントを読む | YROセクション | ビジネス | プライバシ

 関連ストーリー:
ソニーから動画向けフルサイズミラーレスカメラ「α7S III」が発表。5年ぶりの新型 2020年08月01日
キヤノンが新型コロナによるオフィス需要減少で赤字に転落。配当も減少へ 2020年07月31日
AP専属のビジュアルジャーナリスト、全員がソニー製カメラ使用へ 2020年07月27日
キヤノン発表のハイエンドミラーレスカメラ、「EOS R5」「EOS R6」、供給の遅れも 2020年07月15日
パナソニックからもVlog向けカメラ「LUMIX G100」が発表。国内発売は不明 2020年07月01日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連記事

広告

財経アクセスランキング