防犯カラーボールの双喜商事、宣伝費用ほとんど掛けずにシェアほぼ100%

2020年8月5日 19:31

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

コンビニなどに置かれている防犯用のカラーボール。強盗などの逃走中の犯人に対してぶつけることで着色され、付着すると簡単には洗い落とせない。正式名称は「蛍光クラックボール」と呼ばれているとのこと(デイリーポータルZ)。

その名の通り、ブラックライトに反応するので犯人の特定や追跡に役立つ。このカラーボール、製造しているのは双喜商事という企業がはほぼシェア100%だそうだ。元記事によれば、警察経由で広まったとのことで、宣伝費用はほとんどかかっていないそうだ。

通常はレジの下などに置かれており見かけることはないが、店舗によっては目立つところにポンと置かれていることもあるので、見たことがある人は多いだろう。サイズは大中小の3種類があり、カラーバリエーションは6種類あるという。ただ普通のコンビニ店員が犯人のボールを当てるのは難易度が高いように見える。

実際に難しいそうで、足下を狙って塗料を踏ませたりするのがおすすめであるという。またボール投げ練習用のものやハンドガンタイプの機器「一発チェッカー」も用意されているとのこと。 

スラドのコメントを読む | テクノロジー | ビジネス

 関連ストーリー:
銀行強盗を解決するためGoogleに犯行現場周囲のユーザー情報を求めた 2019年09月05日
銀行強盗が全国的に減少、ピーク時の約8分の1に 2017年01月23日
スタートレックの「バトラフ」を使ったコンビニ強盗 2009年02月06日
Googleは従業員を子供扱いすることでつなぎとめる 2007年01月11日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連記事

広告

広告

写真で見るニュース

  • 新型「N-ONE Original」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • スイフトスポーツ(画像: スズキの発表資料より)
  • 太陽の活動が極大となった時(左・2014年4月)と極小になった時(右・2019年12月)の比較。2019年12月はソーラーサイクル25の始まりと考えられている。(c) NASA/SDO
  • 新型フェアレディZプロトタイプ(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • ARナビゲーション(欧州仕様)(画像: メルセデス・ベンツ日本の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース