ソニーの第1四半期決算は営業利益1%減にとどまり純利益は53%増加

2020年8月4日 17:42

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

■自社株買いも発表、未定だった通期予想は純利益12%減を見込む

 ソニー<6758>(東1)は8月4日の取引終了後、第1四半期連結決算(2020年4~6月、米国基準)と未定だった21年3月期・通期の連結業績予想、および自己株式の取得(自社株買い)を発表した。

 第1四半期の連結決算は、売上高および営業収入が前年同期比2.2%増の1兆9689.19億円で、営業利益は同1.1%減の2283.95億円、当社株主に帰属する四半期純利益は同53.3%増の2332.51億円だった。

■アジア地域の自社工場6カ所は稼働を再開

 新型コロナウイルス流行による影響については、中国などアジア地域の6つの自社工場で2020年1月から4月にかけて稼働を停止していた時期があったが、現時点では稼働を再開しており、その水準も感染拡大前の水準に戻った。また、英ウェールズの自社工場は、3月26日から稼働を停止していたが、3月31日から再開し、その水準は感染拡大前に戻りつつある。

 プレイステーション4のハードウェア生産に関して部品のサプライチェーン上の問題により、生産に若干の影響が出ていたが、現時点では問題は解消された。イメージセンサーの国内の各製造事業所は、現時点で大きな影響を受けておらず、通常どおり稼働している。ただ、スマートフォン市場の動向を受け売り上げは減っているとした。

 今期・21年3月期の連結業績予想は、売上高および営業収入が8兆3000億円(前期比0.5%増)、営業利益が6200億円(同26.7%減)、純利益は同12.4%減の5100億円。為替前提は、第2四半期以降の前提として1ドル107円前後、1ユーロ120円前後とした。

 為替と業績の相関については、同社の場合、対ドルでは円高のほうがトータルでプラスに働き、対ユーロでは円安がプラスになる傾向があるようだ。

■自社株買いの上限は発行株数の1.64%または総額1000億円

 4日発表した自己株式の取得(自社株買い)は、普通株式2000万株(自己株式を除く発行済株式総数の1.64%)または取得総額1000億円を上限に、2020年8月5日から21年3月31日まで、市場買付方式により実施する。(HC)(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
エフティグループは調整一巡、20年3月期営業増益予想で3Q累計順調(2020/02/18)
【特集】約1カ月ぶりに再開されるIPOの類似関連銘柄に注目(2020/01/27)
【特集】意外な業績好調銘柄とコロナウイルス関連に上乗せの花粉症関連銘柄をマーク(2020/01/27)
【CSR(企業の社会的責任)関連銘柄特集】イワキのCSRは「小さな社会貢献活動」として地道に継続(2020/02/04)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

関連記事

広告

写真で見るニュース

  • 新型「N-ONE Original」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • スイフトスポーツ(画像: スズキの発表資料より)
  • 太陽の活動が極大となった時(左・2014年4月)と極小になった時(右・2019年12月)の比較。2019年12月はソーラーサイクル25の始まりと考えられている。(c) NASA/SDO
  • 新型フェアレディZプロトタイプ(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • ARナビゲーション(欧州仕様)(画像: メルセデス・ベンツ日本の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース