Apple、2030年までにサプライチェーン含め温室効果ガス排出量ネットゼロ目指す

2020年7月25日 19:26

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

Appleは21日、2030年までに事業全体およびサプライチェーン、製品ライフサイクルのすべてにおいてカーボンニュートラルを目指す計画を明らかにした(プレスリリース環境Mac Rumorsの記事The Vergeの記事)。

既にAppleは全世界での企業運営においてカーボンニュートラルを実現しているが、2030年にはAppleが販売する全デバイスの気候への影響をネットゼロにするという。目標実現のため、低炭素な製品設計とリサイクル、エネルギー効率の向上、再生可能エネルギーの使用、製品製造過程と素材のイノベーションにより温室効果ガス排出量を2030年までに75%削減し、二酸化炭素除去ソリューションにより25%の削減を目指す。既に昨年発売されたiPhoneやiPad、Mac、Apple Watchではリサイクル原料を使用しており、企業運営では再生可能エネルギーを100%使用している。これらの取り組みをさらに進め、サプライチェーンにも再生可能エネルギーの使用を推進していくとのことだ。 

スラドのコメントを読む | アップルセクション | 地球 | ビジネス | 電力 | サイエンス | アップル | iPhone

 関連ストーリー:
石油大手BP、2050年までに温室効果ガス排出量ネットゼロを目指す 2020年02月20日
Microsoft、2030年までにカーボンネガティブを目指す 2020年01月21日
Oxford Dictionariesが選ぶ2019年を代表する言葉は「climate emergency」 2019年11月27日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードAppleiPhoneiPadApple Watch

関連記事

広告

財経アクセスランキング