5日に閉会中審査 北朝鮮非難決議へ

2017年9月5日 11:30

小

中

大

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

北朝鮮の核実験を受け、4日、与野党の国対委員長会談が開かれ、5日の衆院外務委員会(閉会中審査)を開き、核実験に対する非難決議を行うことを決めた。

【こちらも】朝鮮半島、緊張高まる 米韓が軍事対応も協議

 国対委員長会談後に記者団の取材に応じた民進党の山井和則国対委員長は、会談では政府・与党へ(1)その場しのぎの対応でなく、しっかりと早急に臨時国会を開くこと(2)危機管理上、安倍晋三総理が公邸に泊まるようにすること(3)(ミサイル発射等に対し)国民の万全の対策のため、早めに様々な情報を開示することを要望した、とした。

 また、自由党の玉城デニー国対委員長も「憲法53条に基づき要求してきた臨時国会を早期に開くこと。外務委員会では(北朝鮮への非難)決議ありきでなく、十分な説明を求める。近隣諸国との協議連携を行政府がどうすすめるのかも政府は説明すべきだ」と政府としての取り組み方針を説明するよう求めた。

 自民党の二階俊博幹事長は政府与党連絡会議後の会見で「政府は目の前の危機について、国民に分かりやすい説明をお願いしたいと求めた」ことを明かした。

 日本共産党の志位和夫委員長、社会民主党の又市征治幹事長は、それぞれ「アメリカ大統領なしでこの問題を解決することはできない。しかし、はっきり言っておくが、平和的外交による解決しかありえない」とするドイツ・メルケル首相の軍事ではなく、外交による解決の必要を提起する発言を強く支持した。

又市幹事長は「政府は広島・長崎への原爆投下を経験した唯一の被爆国として、中国・韓国・ロシアなど地域の関係国との協調を強化し、EU各国や国連に働きかけ、国際社会において平和的な解決をめざし結束した外交を展開すべき」と強く要請している。(編集担当:森高龍二)

■関連記事
ミサイル防衛で抜本的能力向上目指す 安倍総理
北核実験、深刻な脅威と日露首脳、認識を共有
軍事的圧力に在日米軍原子力潜水艦出動に可能性
外交力を発揮することが最も重要 前原代表
朝鮮半島、緊張高まる 米韓軍事対応への報道も

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

関連キーワード安倍晋三ドイツアメリカ中国韓国北朝鮮ロシア自民党民進党共産党二階俊博志位和夫社会民主党又市征治核実験山井和則民主党臨時国会自由党

関連記事

広告

写真で見るニュース

  • Photo:最後に最上級機種「1300ccのスーパーデラックス」を販売するのが秘訣だった
  • Outback Wilderness(アウトバック ウィルダネス)(画像: スバルの発表資料より)
  • (C) 2020 20th Century Studios. All rights reserved.
  • e-POWERイメージ(画像:日産自動車株式会社発表資料より)
  • 2021年シーズン カラーリングマシン(本田技研工業の発表資料より)
  • ©Bernardo Ramonfaur/123RF.COM
  • ジャイロ e:(ロスホワイト)(画像: 本田技研工業の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース