中韓と首脳レベルで緊密なコミュニケーションを、民進・岡田氏

2017年5月22日 12:07

小

中

大

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

 民進党の岡田克也党安全保障調査会長は、北朝鮮が21日午後4時59分に弾道ミサイル『北極星2型』を発射したことに対し「累次の国連安保理決議に明白に違反。国際社会に対する挑発であり、断じて容認できない。北朝鮮に対し厳重に抗議し、強く非難する」との談話を発表した。

 また、日本政府に対し「北朝鮮への各種制裁の実効性を更に高めるため、日米韓の緊密な連携のもと、中国をはじめ関係国への働きかけを一層強める」よう求めた。

 岡田会長は「日中、日韓の首脳レベルでの迅速かつ緊密なコミュニケーションが極めて重要」とし、緊密なコミュニケーションを図るよう強く要請した。

 日本共産党の志位和夫委員長はツイッターで「北朝鮮のミサイル発射に強く抗議する! 国連安保理で対応を協議中の再度の暴挙は絶対に許せない! 」と発信。そのうえで「経済制裁の厳格な実施・強化と一体に、外交交渉に踏み切り、外交交渉の場で北朝鮮に核・ミサイルを放棄させる解決を追求すべき」と提起した。(編集担当:森高龍二)

■関連記事
金正恩委員長、北極星2型の実戦配備承認
北が弾道ミサイル1発を発射、今年に入り8回目
北のミサイル発射時「日本と情報共有」文報道官
北ミサイル発射情報共有で日米韓秘匿テレビ会議
改憲 国民議論の熟成待ちながらするべき話

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

関連キーワード中国北朝鮮弾道ミサイル安全保障民進党共産党岡田克也志位和夫国連安保理

関連記事

広告

広告

写真で見るニュース

  • 新型ソリオ発表会の様子。(画像: スズキの発表資料より)
  • 画像はイメージです。
  • ボルボ「S60」(画像: ボルボ・カー・ジャパン発表資料より)
  • ミニムーン20CD3 (c)  International Gemini Observatory / NOIRLab / NSF / AURA / G. Fedorets
  • SUBARU Labが入るH¹O渋谷三丁目の共用ラウンジのイメージ(画像: SUBARU発表資料より)
  • N-BOX、N-BOXカスタム:発表資料より
  • 新型N-ONE RS(画像: 本田技研工業の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース