マツダ、3列シート採用の新型SUV「CX-8」を今秋国内発売

2017年4月29日 10:17

小

中

大

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

マツダが2017年中に日本国内で発売するとした新型SUV「CX-8」のインテリア写真、3列シートの6名乗車仕様、このほかに7名乗車仕様も用意する

マツダが2017年中に日本国内で発売するとした新型SUV「CX-8」のインテリア写真、3列シートの6名乗車仕様、このほかに7名乗車仕様も用意する[写真拡大]

写真の拡大

 マツダは、かねてより噂にのぼっていた国内向け新世代商品としては初めての3列シート採用モデルとなる新型クロスオーバーSUV「マツダCX-8」を、2017年中に国内で発売すると、決算発表に先立って4月28日午前、公表した。

 新型SUVであるCX-8は、マツダの新世代技術「SKYACTIV TECHNOLOGY(スカイアクティブテクノロジー)」とデザインテーマ「魂動(こどう)-Soul of Motion」を全面的に採用したマツダの新世代商品群の最新モデル。マツダの国内市場向けSUVラインアップの最上位モデルとなる。

 マツダの小飼雅道・代表取締役社長兼CEOによると「新型CX-8は、マツダらしい走りやデザイン・質感を備えながら、3列目まで大人がしっかり座れるパッケージングを実現した新型クロスオーバーSUVであり、多人数乗車とともに上質さをお求めになる方に向けた、マツダの新しい提案です。マツダは今後も継続的な進化を続けながら、すべてのお客さまに走る歓びと優れた環境安全性能をお届けすることで、お客さまとの間に特別な絆をもつブランドを目指してまいります」とのこと。

 CX-8のボディ寸法は全長×全幅×全高4900mm×1840mm×1730mm、ホイールベース2930mm。同社のヒット作でもあるミッドサイズSUVのCX-5に較べると車幅はほぼ同じだが、全高が40mmほど高く、全長が350mmほど長い。つまり、CX-5のボディ全長をストレッチしたような印象となりそうだ。

 搭載エンジンは、同社の真骨頂ともいえる新世代クリーンディーゼルエンジンSKYACTIV-D 2.2(4気筒2.2リッター)となり、組み合わせるトランスミッションは、6速オートマティックとなる。

 マツダは北米市場向けに3列シート7人乗りモデル「CX-9」をつくっている。が、ボディは全長×全幅×全高5065×1969×1717mmと全幅が2mに迫る。日本で乗るには少し大きいと判断し国内未発売だ。CX-8はそれよりコンパクトになった。公開された内装写真から、日本向けの3列シートとして、2列目、3列目の居住性に配慮したパッケージングとなっているようだ。6名&7名乗車仕様のふたつが用意されそうだ。(編集担当:吉田恒)

■関連記事
マツダは、既報で全車に運転支援システムを標準装備すると宣言。第一弾、デミオに装備
国交・経産省、2020年までに自動ブレーキ搭載車を9割超に高める方針
マツダ・ロードスターRFが、世界工業製品として最高峰のデザインアワード受賞
自動車メーカー3社が相次ぎリコール 対象は30万台近く
マツダ「CX-3」にガソリンモデルを追加して反撃に出る。リリースは今夏か

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

関連キーワードマツダSKYACTIVクリーンディーゼルSUVCX-8

関連記事

広告

写真で見るニュース

  • 「Zaim 一生黒字プラン」の画面イメージ。(画像: Zaimの発表資料より)
  • ジープ・グランドチェロキー「WK 10th Anniversary Edition」(画像: FCAジャパン発表資料より)
  • 紙容器に切り替える弁当(ローソン発表資料より)
  • 200mmワイドナビゲーション取り付けイメージ(画像:株式会社カナック企画発表資料より)
  • ヤリスWRC:発表資料より
  • (c) 123rf
 

広告

ピックアップ 注目ニュース