車載用リチウムイオン電池の世界市場、15年は前年2倍の27,853MWhに

2016年11月1日 18:53

小

中

大

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

 矢野経済研究所では、車載用リチウムイオン電池世界市場の調査を実施した。調査期間は2016年5月~8月、調査対象は自動車メーカー(日本、欧州、米国、韓国)、車載用リチウムイオン電池メーカー(日本、韓国、中国)。調査方法は同社専門研究員による直接面談、電話・e-mail によるヒアリング、ならびに文献調査を併用した。

 それによると、2015年の車載用リチウムイオン電池(LiB)世界市場(搭載された xEV生産ベース)は、前年比210.1%の27,853MWhと大きく伸長した。深刻な環境汚染問題の改善を図る各国政府の積極的なEV普及政策を受け、中国を中心にPHEVとEVの販売が急拡大したことが車載用LiB市場の成長に大きく貢献している。2016 年においても同様の傾向は続いており、2016年の車載用 LiB 世界市場(同ベース)は、前年比141.3%の 39,349MWhと見込んでいる。

 また、2015年の車載用LiB世界市場(搭載されたxEV生産ベース)をxEVタイプ別でみると、EV向けが24,112MWh(構成比86.6%)、PHEV向けが 3,303MWh(同11.9%)、HEV向けが 438MWh(同1.6%)と、EV及びPHEV 向けが車載用LiB世界市場全体の98.5%を占めた。EV向けは、各国政府の積極的なEV普及政策が追い風となり、また、特に中国においては、100~300kWh の大容量LiBパックを用いる電気バスの販売が拡大したことが市場を牽引している。PHEV 向けは中国におけるPHEV販売が好調だったことに加え、複数の欧州自動車メーカーを中心に新車の販売が相次ぎ、PHEV 市場の伸びに比例して PHEV 用LiB市場も高い成長率で推移した。

 各国の環境規制が厳しくなる中で、自動車メーカー各社はxEV新車の市場投入を相次いで計画している。また、xEV市場拡大を牽引している各国政府の xEV向け補助金や優遇政策が2020年まで継続することや、米国のカリフォルニア州のようにxEVの販売義務比率を徐々に高めている地域があることなどから、xEV市場は2016年以降も安定成長し、2020年における車載用LiB世界市場(搭載されたxEV生産ベース)は、155,430MWhに拡大すると予測している。(編集担当:慶尾六郎)

■関連記事
16年度の再エネ発電システム市場は3兆3,065億円を見込む
ホンダの人気ミニバン「フリード」が新型にスイッチ。ハイブリッド初の4WDもラインアップ
【電機業界の2017年4~6月期決算】「為替の影響がなければ……」と言える企業も、言えない企業もある
【電子部品業界の2016年4~6月期決算】アップルのスマホ減産と円高で業績が悪化したが、アップルだけを頼りにはしない
日本仕様の新型プリウスPHV 世界初ソーラー充電システムを搭載

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

関連キーワードEV中国韓国米国PHEVリチウムイオン電池矢野経済研究所

関連記事

広告

財経アクセスランキング