ドイツ連邦議会、2030年までにエンジン車禁止を求める決議

2016年10月18日 10:03

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

maia曰く、 ドイツ連邦議会が、2030年までに石油系燃料で動く内燃機関の自動車(ガソリンエンジン車やディーゼルエンジン車)を禁止するという決議を採択した。決議はEUをもターゲットにしている(IndependentIRORIO)。

 そうなると事実上、EV(電気自動車)かFCV(燃料電池自動車)のみが利用できることになる。決議の目的は温室効果ガスの排出量抑制とされる。今年の6月にはドイツのエネルギー・経済副大臣が2030年までに新車を全てゼロ・エミッション・ビークルにする事に言及している(autoblog)。

 スラドのコメントを読む | EU | 交通

 関連ストーリー:
現在の電気自動車は米国ドライバーの1日の運転距離の87%に対応できる 2016年08月19日
世界初という電気自動車専用の架線道路、スウェーデンで開通 2016年08月06日
自動車の排気ガス汚染、主要死亡原因にランクイン 2012年12月21日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード電気自動車EVドイツ自動車ディーゼルFCV燃料電池自動車

関連記事

広告