米連邦航空局、旅客機に持ち込んだGalaxy Note 7の電源を入れたり、充電したりしないよう勧告

2016年9月11日 15:20

印刷

記事提供元:スラド

米連邦航空局(FAA)は8日、Samsung Galaxy Note7の旅客機内持ち込みに関する声明を発表した(FAAの声明The Vergeの記事VentureBeatの記事)。

Galaxy Note 7は充電中の爆発事故発生などにより、200万台以上ともいわれる大規模なリコールが行われている。問題が発生しているのは全体の70%で使われているSamsung SDI製のバッテリーとの見方もあり、SamsungがSamsung SDI製のバッテリーの使用を中止したとも報じられている。残りの30%は中国・ATL製のバッテリーを使用しており、これが中国で販売を続行している主な理由だという。

FAAの声明はあくまで勧告であり、機内持ち込みに関しては現在のところ禁じていない。勧告の内容としては、機内で電源を入れない・充電しない、預入手荷物には入れず、機内持ち込みにすることといったものだ。

また、インドの民間航空局(DGCA)もGalaxy Note 7を預入手荷物に入れることを禁止。機内持ち込み手荷物として常に電源を切った状態にしておくよう命じたという(The Times of Indiaの記事)。

一方オーストラリアでは政府機関からの要請はないものの、Qantasと傘下のJetstar、Virgin Australiaと傘下のTigerair Australiaが機内に持ち込んだGalaxy Note 7の電源を入れたり、充電したりしないよう乗客に求めているとのことだ(The Sydney Morning Heraldの記事)。 スラドのコメントを読む | ハードウェアセクション | ハードウェア | オーストラリア | 電力 | バグ | 政府 | アメリカ合衆国 | 交通

 関連ストーリー:
サムスン電子の新型スマートフォン「Galaxy Note 7」が全品リコール 2016年09月05日
「ゴリラガラス5」の耐久性テスト動画、傷への耐性はプラスチック以下? 2016年08月31日
旅客機内でモバイルバッテリーが発煙、消火作業、破裂 2016年08月23日
マウンテンバイクで転倒したオーストラリアの男性、ポケットに入れていたiPhoneが発火して大やけど 2016年08月07日
リチウムイオン電池の旅客機での輸送、4月1日より禁止へ 2016年02月25日
機内販売用のクレジットカードリーダーから煙、アラスカ航空17便が緊急着陸 2015年10月16日
英パイロット協会、リチウム電池は預入手荷物にせずに機内に持ち込むことを推奨 2015年07月17日
TSA、米国への直行便で電源の入らないガジェットの機内持ち込みを認めない方針 2014年07月12日
iPhone 4、豪旅客機内で発煙 ? 2011年11月30日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードアメリカ米国スマートフォンSamsungサムスンGalaxyオーストラリアインドリチウムイオン電池Galaxy Note7

関連記事