貿易は黒字ながらも前年同期より輸出入ともに低調――財務省

2016年8月19日 16:31

印刷

貿易収支の推移を示すグラフ。(出典:財務省「貿易統計」)

貿易収支の推移を示すグラフ。(出典:財務省「貿易統計」)[写真拡大]

 財務省が18日に発表した7月の貿易統計によると、7月の輸出額から輸入額を引いた貿易収支は5,135億円と、2カ月連続の黒字だった。

 輸出は自動車や船舶等が減少し、対前年同月比14.0%減の5兆7,284億円だった。輸入は原粗油、液化天然ガス等が減り、同24.7減の5兆2,149億円だった。

 7月の輸出額の対前年比減少幅は2009年10月の23.2%減以来、6年9カ月ぶりの大きさだった。7月の平均為替レートは103~104円と、1年前よりも20円ほど円高にふれたことが響いた。とくに中国向けや米国向けで振るわなかった。

関連キーワード為替中国米国財務省貿易統計自動車

関連記事