大日印、省エネに関する新システムを開発し節電管理を実施

2011年8月19日 11:00

小

中

大

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

 大日本印刷は、事業拠点におけるエネルギー使用量の"見える化"や省エネ施策の進捗管理、施策効果のシミュレーションとその結果に基づく診断など、PDCA(計画・実行・評価・改善)サイクルの推進を支援する「省エネトータルマネジメントシステム」を開発。東京電力管内にある自社の36拠点において同システムを活用し、この夏、喫緊の課題となっている節電の目標を確実に達成する体制を確立したという。

 今後は今回の成果をもとに、気流の最適制御や新しいプロセスの開発などに取り組み、さらなる環境負荷の低減を推進。また、カスタマイズにより多様な製造拠点などへの応用が可能という特長を活かし、同システムの販売にもつなげていく。

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

関連記事

広告

写真で見るニュース

  • 木星
  • Photo:最後に最上級機種「1300ccのスーパーデラックス」を販売するのが秘訣だった
  • Outback Wilderness(アウトバック ウィルダネス)(画像: スバルの発表資料より)
  • (C) 2020 20th Century Studios. All rights reserved.
  • e-POWERイメージ(画像:日産自動車株式会社発表資料より)
  • 2021年シーズン カラーリングマシン(本田技研工業の発表資料より)
  • ©Bernardo Ramonfaur/123RF.COM
  • ジャイロ e:(ロスホワイト)(画像: 本田技研工業の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース