1. ホーム
  2.  > ニュース一覧
  3.  > ライフ
  4.  > 健康
  5.  > 再生医療(3)

再生医療のニュース(ページ 3)一覧

アート展「2018年のフランケンシュタイン‐バイオアートにみる芸術と科学と社会のいま‐展」が、2018年9月7日(金)から10月14日(日)まで、東京・表参道のギャラリー「EYE OF GYRE」にて開催される。 09/04 22:27

最優秀賞を受賞した2研究テーマのイメージ(写真:NEDOの発表資料より)

新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は8日、人工知能(AI)の社会実装を進めることを目的に、優れたAIベンチャー企業の研究テーマ6件を採択したと発表した。 08/09 19:06

機能性人工皮膚。(画像:京都大学発表資料より)

細胞治療に匹敵する皮膚再生を可能とする人工皮膚。 04/21 21:19

カニの殻などに含まれている物質「キチン」から作られる「キチンナノファイバー(CNF)」に発毛効果があることが分かったという。 03/28 14:36

シード・プランニングは23日、国内における再生医療周辺産業の市場予測を発表した。 03/28 07:00

世界で初めて、ヒトの肝臓細胞の元となる肝前駆細胞の作成に国立がん研究センターの研究グループが成功させた。 03/13 21:15

iPS細胞(人工多能性幹細胞)から作られた心臓筋肉の細胞シートを心臓病患者に移植して治療する臨床研究について、大阪大学内の委員会は大筋で承認した。 03/02 07:06

(画像: 富士経済の発表資料より)

富士経済は21日、iPS・細胞製造プラント/培養受託など、研究のみならず治療での活用も広がりをみせるティッシュエンジニアリング関連市場について調査結果を発表した。 11/25 15:43

やや旧聞となるが、妊婦のへその緒(臍帯)に含まれる「臍帯血」を無届けで移植していたとして、複数の医師や「臍帯血販売会社」関係者らが逮捕された(朝日新聞、徳島新聞)。 09/11 22:07

(c) 123rf

富士フイルムホールディングスは、1934年写真・フイルムの国産化を目指して創業された。 09/04 16:21

移植後のサルのMRI画像(矢印が細胞移植部分を示す)(写真: 京都大学 iPS細胞研究所の発表資料より)

京都大学の高橋淳教授らの研究グループが31日、ヒトiPS細胞由来の細胞により、パーキンソン病になった猿の症状が軽減されたと発表。 09/01 07:17

画像はイメージです。

7日の日本経済新聞は万能細胞「iPS細胞」を使って、血液成分の血小板を量産する技術を世界で初めて確立したことを伝えている。 08/07 17:42

マウスでの異所性骨形成の様子。矢印の付近にアクチビンの刺激を与えた。(写真: 京都大学の発表資料より)

1日に京都大学iPS細胞研究所の戸口田淳也教授らのグループは、筋肉や腱などが骨に変化してしまう難病、進行性骨化性線維異形成症(FOP)の治療薬候補を定めたと発表。 08/01 21:36

再生医療にも有用となる体組織の形成過程を知るには、発生過程で組織全体がどのように変形するのかを定量的に理解する必要がある。しかし、複雑な組織をリアルタイムかつ高分解能で計測することが難しいことから、従来の発生生物学では、各器官の発生に必須となる遺伝子や形態異常を引き起こす原因遺伝子に焦点を当てた子生物学的アプローチがとられてきた。

再生医療にも有用となる体組織の形成過程を知るには、発生過程で組織全体がどのように変形するのかを定量的に理解する必要がある。 05/22 07:43

前へ戻る   1 2 3 4  次へ進む

広告

財経アクセスランキング

広告