Y's 2021-22年秋冬コレクション、緩やかな柔らかさと揺るぎない強さ

2021年7月21日 08:44

印刷

記事提供元:ファッションプレス

 Y's(ワイズ)は、2021-22年秋冬コレクションを発表。

■溶け込むような柔らかさと強さ

 「Dissolving」をテーマに据えた今季は、個や風景に溶け込んでいくような柔らかさを持ちながらも、凛とした強さを備えた服を提案する。“そこに存在している”という確かさと、境界線や輪郭をあえて曖昧にすることで得た柔軟さを併せ持つ服、身にまとうことですっと身体や環境に馴染んでいく一方で、逆説的にその存在感を強く際立たせる服。緩やかで揺るぎない、一見相反するようにも思える要素を同時に成立させているのが印象的だ。

■温かみのある素材で仕立てたワークウェア

 たとえば、従来はケミカルな素材で作られる“作業着”をモチーフにしたウェアには温かみのあるソフトな素材を採用。製品染めを施したブラックデニムのシャツドレスやパンツ、胸元にタックを施したサロペットドレスなどは、柔らかな生地の質感と流れるようなシルエットでワークウェアの持つ無骨さを和らげ、上品な佇まいに仕上げている。

 この他にも、シックなチェック柄のウールサージや、ローラーペイントを施した穏やかなレッドの生地を用いたオーバーオールなど、包み込むような柔和さと端整さ、気高さを併せ持つウェアが登場した。

■柔らかく仕上げたリネンや複雑な模様のジャカード

 白のリネン地とブラックウールのダブルフェイスコートやジャケットは、ゆったりとしたフォルムも相まって、温かみのあるリラックスした雰囲気をまとっている。夏に用いられるイメージの強いリネンだが、ワッシャー加工によってふわりと柔らかに仕上げることで、ウォーミングな風合いに。襟や前合わせからのぞくウール地のブラックとのコントラストで、リネンの雪のような白の色味が際立っている。

 華やかなジャカード地は、繊細なようでいて大胆でもある。日本の紡績技術でのみ作ることができる混紡糸を使って織った複雑な模様のジャカードケープは、重厚感のある風合いながら羽織った時に軽やかな仕上がりに。糸を細く紡ぐことで軽量化されており、重みを軽減した分たっぷりと生地を使うことでラグジュアリーなドレープが生み出されている。ホワイトのジャカードコートは、ところどころに模様がうっすらと浮かび上がる抽象的な表情が余韻を残す。

■ひとひねり加えた個性的なチェックパターン

 また、ひとひねり加えて個性的に仕上げたチェックパターンにも注目したい。大判のチェックパネルのコートやワイドパンツは、ウールギャバジンのしなやかな落ち感とダイナミックな柄が調和してリュクスなムードを演出する。チェックのツイルをパッチワーク状に組み合わせたロングドレスやコートは、製品染めを施すことで深みのある色合い、着慣れた服のような質感に。また、裏と表で、黒地と赤チェックのバランスを変えて楽しめるリバーシブルコートも登場している。

■ドクターマーチンやパラブーツなどコラボ

 継続的にコラボレーションを行っているドクターマーチン(Dr.Martens)のコラボレーションシューズは、へリンボンを組み合わせた10ホールブーツをはじめ4つの新型がラインナップ。計6パターンのシルエットで展開される。また、パラブーツ(Paraboot)の「ミラボー(MIRABEAU)」をベースにラビットファーをあしらったコラボレーションシューズや、ヴァネス・ウー(Van Ness Wu)が手がける「Xヴェセル(xVESSEL)」とタッグを組んだハイカットスニーカーもラインナップする。

※本記事はファッションプレスニュースから配信されたものです。ファッションプレスでは、ブランド、デザイナー情報、歴史などファッション業界の情報をお届けしています。

関連キーワードコラボレーションスニーカーワイズ ピンク(Y's Pink)

関連記事