米国、カナダの金利見通しは予測困難

2021年4月22日 15:12

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*15:12JST 米国、カナダの金利見通しは予測困難
 カナダ中央銀行は21日、政策金利の据え置きを決めたが、資産購入の規模を週40億カナダドルから30億カナダドルに縮小することを発表した。また、カナダ中銀は最新の経済見通しで2021年の成長率予想を従来の+4%程度から+6.5%に引き上げた。利上げについては「経済のたるみが吸収されるまで利上げしない」ことを改めて確認したが、インフレ目標が2022年後半に達成される可能性があるとの見方を伝えた。

 市場関係者の間からは「カナダ中銀の経済見通しは楽観的」、「米国経済の動向次第で成長率見通しは大きく変わる可能性がある」との声が聞かれている。ただし、米国の利上げ時期については「2023年前半までに最初の利上げが実施されてもおかしくない」との指摘もあり、米国、カナダの金利見通しについて予断を持つことは難しくなりそうだ。《MK》

関連記事

広告

広告

写真で見るニュース

  • ©2020 HOKUSAI MOVIE
  • アルファード 特別仕様車 S“TYPE GOLD II”(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
  • 光イオンを発生させ車内の空気清浄するAirReborn(画像:ガイダンスインターナショナル発表資料より)
  • 新型VEZEL(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • 新型アウディA3シリーズ(画像: アウディジャパン発表資料より)
  • アマゾンを通じた配送サービスのイメージ(アマゾンジャパン発表資料より)
  • Golf Touran(画像: フォルクスワーゲン グループ ジャパンの発表資料より)
  • 世界初公開となったアウディ・Q4 e-tronシリーズ(画像: アウディジャパン発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース