欧州為替:ドル・円は底堅い、全般的に動意薄

2021年4月16日 19:01

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*19:01JST 欧州為替:ドル・円は底堅い、全般的に動意薄

欧州市場でドル・円は底堅く推移し、108円80銭付近で推移。具体的な材料が乏しく、様子見ムードで全般的に動意が薄い。米10年債利回りの戻りが鈍く、引き続きドルは買いづらい。一方、欧州株高や米ダウ先物の反発で、円買いは後退したようだ。


ここまでの取引レンジは、ドル・円は108円79銭から108円93銭、ユーロ・円は130円26銭から130円54銭、ユーロ・ドルは1.1969ドルから1.1988ドル。《TY》

関連記事

広告

広告

写真で見るニュース

  • ©2020 HOKUSAI MOVIE
  • アルファード 特別仕様車 S“TYPE GOLD II”(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
  • 光イオンを発生させ車内の空気清浄するAirReborn(画像:ガイダンスインターナショナル発表資料より)
  • 新型VEZEL(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • 新型アウディA3シリーズ(画像: アウディジャパン発表資料より)
  • アマゾンを通じた配送サービスのイメージ(アマゾンジャパン発表資料より)
  • Golf Touran(画像: フォルクスワーゲン グループ ジャパンの発表資料より)
  • 世界初公開となったアウディ・Q4 e-tronシリーズ(画像: アウディジャパン発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース