WRC第2戦、トヨタの若手エース、ロバンペラ2位でマニュファクチャラー首位に

2021年3月3日 08:23

小

中

大

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

2021 WRC第2戦ラリー・フィンランドでチームトヨタのカッレ・ロバンペラ/ヨンネ・ハルットゥネン組・ヤリスWRC 69号車(写真)が総合2位となった

2021 WRC第2戦ラリー・フィンランドでチームトヨタのカッレ・ロバンペラ/ヨンネ・ハルットゥネン組・ヤリスWRC 69号車(写真)が総合2位となった[写真拡大]

写真の拡大

 2月28日、2021年FIA世界ラリー選手権(WRC)第2戦アークティック・ラリー・フィンランドの最終日が、フィンランド北部ロヴァニエミの南側エリアで行なわれ、TOYOTA GAZOO Racing World Rally Teamのカッレ・ロバンペラ/ヨンネ・ハルットゥネン組(ヤリスWRC 69号車)が総合2位で、エルフィン・エバンス/スコット・マーティン組(33号車)が総合5位で、セバスチャン・オジエ/ジュリアン・イングラシア組(1号車)が総合20位でフィニッシュ。

 若干20歳の若手のホープであるロバンペラは史上最年少記録でドライバー選手権のトップに立ち、チームトヨタはマニュファクチャラー選手権で首位を守った。

競技3日目、最終日のデイ3は、サービスパークの南側に展開する全長22.47kmをサービス無しで2回走行する2本計44.94kmのステージで競った。デイ2終了時点で首位と24.1秒差、総合3位のライバルと1.8秒差の総合2位につけたロバンペラは、デイ3オープニングのSS9で2番手タイムを記録。その再走ステージとなる最終のSS10ではベストタイムをマークし、僅差で迫っていた総合3位のライバルを抑えきることに成功。

 結果、これまでの自己最高位だった昨年のラリー・スウェーデンでの総合3位を上回る、総合2位でフィニッシュした。最終のSS10は、トップ5タイムを記録した選手とマニュファクチャラーに対し、ボーナスの選手権ポイントが与えられる「パワーステージ」に指定され、ベストタイムで最大ボーナスの5ポイントを獲得したロバンペラは、ドライバー選手権で初めて首位に立ったわけだ。

 総合5位でデイ3に臨んだエバンスは、10.1秒先行する総合4位のライバルを激しくチャージ。SS9では今大会2回目となるベストタイムを記録し、差を3.6秒に縮めた。しかし、最終のパワーステージでは6番手タイムに留まり、逆転には至らず総合5位でフィニッシュ。エバンスとロバンペラが獲得したポイントにより、チームはマニュファクチャラー選手権首位の座をキープした。

 デイ2の最終ステージでデイリタイアとなったオジエは、デイ3で再出走。不利な早い出走順での走行だったが、パワーステージでは5番目のタイムを記録し、ボーナスの1ポイントを獲得した。その結果、ドライバー選手権首位の座は失いましたが、エバンスと同ポイントで、2位のライバルと4ポイント差の3位につけた。

 なお、TOYOTA GAZOO Racing WRCチャレンジプログラムにより、ヤリスWRCで出場の勝田貴元は、最終のパワーステージでひとつ順位を上げ、前戦ラリー・モンテカルロに続き総合6位でフィニッシュ。2戦連続で8ポイントを獲得した。

 WRC次戦は、4月22日から25日にかけて開催される第3戦「クロアチア・ラリー」だ。ヨーロッパのバルカン半島の国、クロアチアは以前から熱心にWRCの誘致を進めていたが、今年初めてWRC開催が決まった。首都ザグレブにサービスパークを置くこのイベントは、フルターマック(舗装路)ラリーとして開催される。(編集担当:吉田恒)

■関連記事
世界ラリー選手権 緒戦「ラリー・モンテカルロ」 トヨタ、ワン・ツー・フィニッシュ
世界ラリー選手権・最終戦でトヨタのオジエが優勝、ワールドチャンピオンを獲得
WRC第3戦ラリー・メキシコ、トヨタ所属としてセバスチャン・オジェ選手初優勝

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

関連キーワードトヨタ自動車クロアチアフィンランドスウェーデン世界ラリー選手権ヤリス

関連記事

広告

財経アクセスランキング