大阪金概況:下落、米長期金利上昇や底堅いドル相場を反映

2021年2月26日 16:05

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*16:05JST 大阪金概況:下落、米長期金利上昇や底堅いドル相場を反映
大阪取引所金標準先物 22年2月限・日中取引終値:6022円(前日日中取引終値↓95円)

・推移レンジ:高値6070円-安値6005円

26日の大阪取引所金標準先物(期先:22年2月限)は下落した。米長期金利が上昇しており、金利のつかない資産である金の魅力低下が意識され、金は売られやすい地合いが継続した。また、金の価格決定要因として注目されるドル相場は、ドルの総合的な価値を示すドルインデックスが底堅い動きとなり、ドルの代替投資先とされる金に資金が向かいにくく、こうした動きを映し、今日の金先物は大きく下落した。《FA》

関連記事

広告