半導体不足に悩む自動車業界、斜め読み

2021年2月2日 17:08

印刷

 自動車業界の「半導体不足問題」解消が、喫緊の課題となっている。トヨタ・VW・GMの世界の3大メーカーに(車の)生産制限を余儀なくし、1月29日にはこんなニュースも伝えられた。「ホンダが(三重県の)鈴鹿製作所を計5日間停止へ」。ホンダもこの間生産制限を強いられてきたが、とうとう工場の稼働停止に追い込まれたというのだ。半導体不足は、世界の自動車業界を大きく揺さぶっている。

【こちらも】世界の半導体市場を支える、「日ノ丸」半導体部材企業

 皮肉な話でもある。新型コロナウイルス禍の影響で2020年春先に、新車販売が世界的に大きく落ち込んだ。だが夏場以降、米中の2大市場の需要が持ち直し傾向に入ったのを契機に、自動車各社は生産状況を「ブレーキ」から「アクセル」に踏みかえた。これが半導体需給の逼迫を生み出した。

 急速に浮上したのが、台湾の半導体受託製造会社:台湾積体電路製造(TSMC)。「中国が台湾を中国の一部と強調する理由の1つは、TSMCが最先端のコンピューターチップを製造する能力を有しているがゆえ」と解説されたりもする。

 また、こんな指摘も聞かれる。「アップルがアイフォンでスマートフォンの世界を牛耳れたのも、ファブレス(生産工場を持たない)のビジネスモデルを確立できたためだ。ソフトの設計・開発に力を注ぎ、生産は台湾のフォックスコン(シャープ再建を牽引する鴻海精密工業の子会社)に委託したからだ。台湾経済を引っ張ってきた、優れた受託生産会社を活用した結果だ」。

 こうした流れが、「米国バイデン新政権の対中戦略が、牽制の手綱を緩めない論拠」とすらされている。

 いま日米欧の自動車各社は、TSMCとの提携強化を最大の課題としている。「TSMCの工場を自国に誘致」とする動きが強まっている。米国政府はアリゾナ州に約1兆2900億円を投じTSMCと連携し半導体工場を設立する。日本でも「誘致の流れが水面下で進んでいる」ともされている。

 読者諸氏は、「何故、日本の電子メーカーは半導体の製造を積極化し、自動車メーカーへの供給サプライチェーンを整備しないのか」という素朴な疑問を持たれるのではないか。かつて世界の半導体市場でトップ10入りしていた電子部品メーカーは、「自動車向け半導体の単価は割安。利幅は薄いが安全性確保を前提に、要求してくる要点が多い。要は商売にならない」と打ち明けた。

 私は昨年11月27日の企業・産業欄に『世界の半導体市場を支える「日ノ丸」半導体部材企業』、今年1月20日の同欄に『「日ノ丸」半導体部材企業の実力派、レーザーテックの軌跡と凄さ』を投稿した。内容はお読みいただくとして、TSMCの日本工場が実現した場合に「部材企業」の存在感は一段と高まると捉えるが如何。(記事:千葉明・記事一覧を見る

関連キーワード本田技研工業トヨタ自動車中国台湾半導体鴻海新型コロナウイルス

関連記事