東京貨物ターミナルから羽田空港をつなぐ「羽田空港アクセス線」が許可

2021年1月28日 09:53

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

国土交通省は、東京貨物ターミナルから羽田空港新駅(仮称)の約5.0kmをつなぐ「羽田空港アクセス線」の鉄道事業を許可した。現時点では仮称だが新たに羽田空港新駅が作られるという。JR東日本は新宿、宇都宮・高崎、常磐、房総の各方面からの羽田空港へのアクセスを改善する「羽田空港アクセス線構想」を持っており、今回の羽田空港アクセス線もその一環。事業費は3000億円で2029年度の開業を目指すとしている(東日本旅客鉄道株式会社「羽田空港アクセス線」の鉄道事業許可[PDF]JR東日本グループ経営ビジョン「変革2027」[PDF]Impress Watch)。 

スラドのコメントを読む | 交通

 関連ストーリー:
アジア初の会員制ドライビングクラブが千葉県南房総市に誕生。2022年末に開業予定 2020年08月18日
羽田新ルートの「通常よりも急角度」という降下角度に対し懸念の声 2020年02月13日
YS-11量産初号機、一般展示に向けて解体作業中 2020年01月18日
水道水からの塩分検出で断水していた羽田空港第2旅客ターミナル、3日目に給水再開 2019年11月09日
日本の主要公衆Wi-Fiサービス、平均速度は上り26.9Mbps・下り21.8Mbps 2019年07月19日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードJR東日本国土交通省

関連記事

広告