ヤマハ伝統のクラシックバイク「SR400」、遂に生産終了 最終限定車3月15日発売

2021年1月24日 17:51

小

中

大

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

1000台限定の「SR400 Final Edition Limited」、74.8万円

1000台限定の「SR400 Final Edition Limited」、74.8万円[写真拡大]

写真の拡大

 ヤマハ発動機は、空冷単気筒4ストロークSOHC・2バルブエンジンを搭載した最終モデル「SR400 Final Edition」を2021年3月15日に発売すると発表した。また、カラーリングやエンブレムなどに特別仕様を施した「SR400 Final Edition Limited」を限定1000台で同日に発売する。

 なお、国内向けの「SR400」は、このモデルのリリースをもって「SR400」の生産を終了すると遂に公式に発表した。

 ボア×ストローク87.0×67.2mm・399ccのショートストローク・ビッグシングルを搭載するSR400は、1978年に発売され、44年にわたって販売されたロングセラー、クラシックモデルの代表だ。

 キックスターターによるエンジン始動。今となっては、まさにエンジンに火を入れる“儀式”が必要な機構だ。インジェクションになって格段に始動性は改善されたが、「一発始動」という満足感にひたれるのはオーナーの特権だ。

 1978年の初代発売以後、熟成と進化を重ねてきた「SR400」は、ビッグシングルの心地よい鼓動感、ベーシックでシンプルなスタイル、キックスターター方式など変わらない“SRらしい”個性により、エントリーライダーからベテランライダーまで、年齢を問わず幅広いユーザーに支持されてきた。

 最終モデルの「SR400 Final Edition Limited」は、多くの歴代SRファンに愛されてきた“ブラック”を採用した。職人の手作業による“ぼかし”サンバースト塗装を施したフューエルタンク、シリアルナンバー入り電鋳エンブレム、真鍮製音叉エンブレム、本革調シート、新色アルマイトのホイールリム、“Final Edition”を記した黒い文字盤のメーターなどを装備し、“SR400”の有終の美を飾る、ヤマハのモノ創りを集結させたモデルだ。1000台限定で価格は74.8万円。

 また、「SR400 Final Edition」は、歴代モデルを彷彿させるグラフィックパターンを採用したシンプルな“ダークグレー”と親しみやすく温もりを感じさせる“ブルー”の2色を設定した。限定5000台で、60.5万円である。

 ヤマハ発動機によると、この最終モデルを以て販売終了とする理由を「今後施行されるさまざまな規制に対応していないため」としている。ひとつはABS非装着車が2021年10月以降販売できないこと、加えて2022年10月以降は平成32年排出ガス規制(ユーロ5相当)への適合が必須項目となることにある。ヤマハの象徴的なバイクが消える──。(編集担当:吉田恒)

■関連記事
楽器製造のヤマハの技術を投入したバイクが世界初公開
ライポジ変更+セパハンでカフェレーサーにBOLTがイメチェン
ヤマハ発 150ccスポーツモデルを世界最大のインド市場で販売

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

関連キーワードヤマハ発動機

関連記事

広告