ジーニーが高速検索エンジンを開発するビジネスサーチテクノロジの子会社化などを発表

2020年10月26日 19:31

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

■検索エンジンサービスにより、SaaSプロダクトの機能強化

 ジーニー<6562>(東マ)は26日、高速・高精度検索エンジン開発のビジネスサーチテクノロジ(東京都渋谷区)を完全子会社化すると発表した。これにより、同社グループは、サイト内検索サービス及びその周辺領域において事業を展開することになる。取得予定日は11月30日。

 ジーニーは、「テクノロジーで新しい価値を創造し、クライアントの成功を共に創る」をミッションに掲げ、創業当初よりアドテクノロジー領域において多くのプロダクトを自社開発・提供してきた。近年はマーケティングテクノロジーカンパニーとして事業領域を拡大し、成長を続けている。

 子会社化するビジネスサーチテクノロジは、高速・高精度検索技術を基にした検索エンジンサービスを15年以上展開している。主に企業のWebサイトやECサイト向けにSaaS型サービスを提供しており、累計導入数800社以上の顧客企業で利用されている。

 ジーニーは、ビジネスサーチテクノロジの検索エンジンサービスを展開することで、SaaSプロダクトの強化などを図るとしている。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
【編集長の視点】コーナン商事は連続最高純益を手掛かりにHC業界の最割安株買いが再燃し急反発(2020/10/22)
【注目銘柄】ロードスターは年初来高値に肉薄、海外不動産ファンド進出報道でバリュー株買いが再燃(2020/10/14)
【編集長の視点】AMBITIONは増益転換業績の確認を1Q決算開示時に期待して続伸(2020/10/21)
【注目銘柄】トーメンデバイスは決算発表を先取りし割安ハイテク株買いが再燃し急反発(2020/10/07)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

関連記事

広告