Crew Dragon初の本格的なISSクルー輸送ミッション、スケジュール変更

2020年10月14日 07:57

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

headless 曰く、 NASAは10日、SpaceXの「Crew-1」ミッションのスケジュール変更を発表した(NASAのブログ記事)。

Crew-1ミッションはCrew Dragon宇宙船による国際宇宙ステーション(ISS)へのクルー輸送ミッション。Crew Dragonは既にDemo-2ミッションでISSへのクルー輸送と地球への帰還を成功させているが、Demo-2ミッションのクルーが2名だったのに対し、Crew-1ではNASAのマイケル・ホプキンス宇宙飛行士とビクター・グローバー宇宙飛行士、シャノン・ウォーカー宇宙飛行士、JAXAの野口聡一宇宙飛行士の4名が搭乗する初の本格的なクルー輸送ミッションだ。

Crew-1ミッションは10月31日の打ち上げを目指していたが、新スケジュールでは早くとも11月上旬~中旬の打ち上げが目標となる。NASAによれば、NASAとは無関係な最近のFalcon 9ロケット打ち上げミッションで第1段エンジンのガス発生器で公称値を外れる動作が確認されたといい、SpaceXが追加のハードウェアテストを完了するための猶予を与えるためにスケジュールを変更したとのことだ。

 スラドのコメントを読む | サイエンスセクション | 国際宇宙ステーション | サイエンス | 宇宙 | 交通 | NASA

 関連ストーリー:
Crew Dragon、無事に地球へ帰還 2020年08月03日
SpaceX、Falcon 9ロケットのフェアリングを2つともキャッチ成功 2020年07月23日
SpaceX、Crew Dragon宇宙船のISSドッキングシミュレーターを公開 2020年05月17日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードNASAロケットSpaceX宇宙航空研究開発機構(JAXA)Falcon 9国際宇宙ステーション(ISS)

関連記事

広告

広告

写真で見るニュース

  • ボルボ「S60」(画像: ボルボ・カー・ジャパン発表資料より)
  • ミニムーン20CD3 (c)  International Gemini Observatory / NOIRLab / NSF / AURA / G. Fedorets
  • SUBARU Labが入るH¹O渋谷三丁目の共用ラウンジのイメージ(画像: SUBARU発表資料より)
  • N-BOX、N-BOXカスタム:発表資料より
  • 新型N-ONE RS(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • モーガン・エアロ 1922年式 (c) sawahajime
  • 星間物質で満たされたオリオン座の大星雲M42の内部 (c) NASA
 

広告

ピックアップ 注目ニュース