夢真ホールディングスは20年9月期3Q累計増収増益と順調

2020年8月8日 09:41

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

(決算速報)  夢真ホールディングス<2362>(JQ)は、8月7日の取引時間終了後に20年9月期第3四半期累計の連結業績を発表した。高稼働率維持、派遣単価上昇、経費圧縮などで増収増益だった。進捗率は順調であり、通期ベースでも好業績が期待される。株価は安値圏だが好業績を見直す動きを強めそうだ。

■20年9月期3Q累計増収増益で進捗率順調

 20年9月期第3四半期累計の連結業績(日本基準、通期からIFRS任意適用)は、売上高が前年同期比17.0%増の441億18百万円、営業利益が23.5%増の46億58百万円、経常利益が27.2%増の47億88百万円、そして純利益が1.7%増の25億49百万円だった。

 需要が高水準に推移して増収増益だった。新型コロナウイルスで緊急事態宣言が発令された4~6月期で見ても5.0%増収、17.6%営業増益だった。高稼働率の維持、派遣単価の上昇に加えて、採用費など経費の圧縮も寄与した。

 通期予想(IFRS任意適用、5月11日に下方修正してレンジ予想)は据え置いて、売上高が580億円~600億円、営業収益が58億円~66億円、親会社所有者帰属当期利益が37億円~42億円としている。

 第3四半期累計の営業利益進捗率はレンジ下限値に対して80.3%、上限値に対して70.6%と順調である。通期ベースでも好業績が期待されそうだ。

■株価は好業績を見直し

 株価は安値圏でやや軟調展開だが、好業績を見直して反発の動きを強めそうだ。8月7日の終値は567円、時価総額は約447億円である。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
【編集長の視点】クレスコは昨年来高値を更新、株式分割の権利取りを連続過去最高業績がサポート(2020/01/17)
ケイアイスター不動産は売られ過ぎ感、20年3月期増収増益予想で3Q累計順調(2020/02/17)
システムサポートは上値試す、20年6月期2Q累計大幅増益で期末配当予想を増額修正(2020/02/17)
ジェイエスエスは調整一巡、20年3月期増収増益予想で3Q累計順調(2020/02/17)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

関連記事

広告

広告

写真で見るニュース

  • 太陽の活動が極大となった時(左・2014年4月)と極小になった時(右・2019年12月)の比較。2019年12月はソーラーサイクル25の始まりと考えられている。(c) NASA/SDO
  • 新型フェアレディZプロトタイプ(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • ARナビゲーション(欧州仕様)(画像: メルセデス・ベンツ日本の発表資料より)
  • (画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • 音声解析AI電話「MiiTel(ミーテル)」の自動文字起こしイメージ。(画像: レブコムの発表資料より)
  • ウシオ電機が開発した紫外線装置「Care222」(画像: ウシオ電機の発表資料より)
  • 新型「LS」(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース