さくらインターネットを対象とするコールが前日比4倍の大幅上昇(9日10:00時点のeワラント取引動向)

2020年4月9日 11:36

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*11:36JST さくらインターネットを対象とするコールが前日比4倍の大幅上昇(9日10:00時点のeワラント取引動向)
新規買いは原資産の株価上昇が目立つダブル・スコープ<6619>コール63回 6月 600円を順張り、LIFULL<2120>コール44回 7月 480円を順張り、住友不動産<8830>コール136回 5月 3,300円を順張りで買う動きや、原資産の株価下落が目立つスクウェア・エニックス・ホールディングス<9684>コール88回 6月 5,300円を逆張り、エムスリー<2413>プット19回 6月 2,750円を順張り、エムスリーコール23回 6月 3,500円を逆張りで買う動きなどが見られる。

手仕舞い売りとしてはダウ・ジョーンズ工業株価平均コール465回 7月 29,500米ドル、日経平均コール1582回 4月 21,000円、ファーストリテイリング<9983>コール280回 7月 46,000円、ワークマン<7564>コール18回 5月 8,500円、日経平均プット1158回 6月 21,000円などが見られる。

上昇率上位はさくらインターネット<3778>コール26回 5月 700円(前日比4倍)、ワークマン<7564>コール19回 5月 9,500円(前日比2.4倍)、東京都競馬<9672>コール38回 6月 3,400円(前日比2.3倍)、ワークマンコール20回 5月 10,500円(前日比2.3倍)、ダウ・ジョーンズ工業株価平均コール453回 5月 26,500米ドル(前日比2.2倍)などとなっている。

(eワラント証券投資情報室)《HH》

広告

広告

写真で見るニュース

  • ローマン宇宙望遠鏡のイメージ。(c) NASA
  • (画像: フォルクスワーゲン グループ ジャパンの発表資料より)
  • 木星のガリレオ衛星と地球の大きさの比較。
 

広告

ピックアップ 注目ニュース