来春の花粉飛散量、首都圏では平年の2倍以上との予測

2018年10月5日 23:02

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 ウェザーニュースによると、来年の花粉飛散量は今年と比べて非常に多いことが予想されるという。

 都道府県別の飛散予測が公開されているが、例えば首都圏各県の飛散量予測は2018年比で茨城県が100〜200%、ほかは300%以上となっている。全国的に花粉飛散量は今年よりも多く、花粉飛散量が今年以下と予想されているのは北海道だけだ。神奈川や群馬、栃木、愛知、大阪、和歌山、鳥取、島根、山口は2018年比で500%以上との予測になっている。

 今夏は熱く日照時間も多く、花粉を生む雄花の生育に適していたことや、花粉の飛散量は隔年で増減し、2018年は花粉が減少する年だったことから、2019年には花粉の飛散量が増加すると見られているようだ。

 スラドのコメントを読む | 日本

 関連ストーリー:
花粉症の原因となるスギやヒノキが無くなるのは単純計算で350年後 2018年03月24日
「花粉を水に変えるマスク」に対し疑問の声多数、ニセ科学か? 2018年03月16日
花粉症対策どうしてる? 2017年03月04日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード花粉症

関連記事

広告