「GPIFに使途を指図できるものでない」、安倍首相

2017年2月5日 19:10

小

中

大

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

今月10日の日米首脳会談で年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)が米国のインフラ事業に投資することなどを通じ、米国で数十万人の雇用創出につなげる。対米投資などで米成長に貢献できる考えを伝え、トランプ政権との関係強化につなげるなどの報道を受けて、3日の衆院予算委員会で、民進党の大串博志政調会長から質問を受け、安倍晋三総理は「指摘を受けたようなことは全く検討していない」と明言するとともに「GPIFは独立して運用しているから政府が指図できるものではない」と全面否定した。

 一方、GPIFの高橋則広理事長は「GPIFが行っているオルタナティブ投資のうち、インフラに関する投資は投資信託のスキームを活用し、2015年度末の時価総額は814億円、収益額は6億円としたうえで、全体の5%を認められているので、7兆円前後の投資が可能」と答弁。

 高橋理事長は「想定している投資対象は欧米先進国が中心であることから、米国へのインフラ投資はあり得る」とした。

 大串政調会長が「公的年金140兆円をオルタナティブ投資にいくら投資でき、いまいくら投資しているのか。米国のインフラに投資できるのか」と訊ねたのに答えた。(編集担当:森高龍二)

■関連記事
GPIFの資産運用報道で総理に釘 蓮舫代表
民進党HPで年金制度政策を簡単解説 井坂議員
国会で年金3法案に切り込む 山井国対委員長
民進党幹事長として最後の会見で重い課題提起
年金積立金の株式運用「従来比率に」前総理

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

関連キーワード雇用安倍晋三米国民進党GPIF大串博志年金

関連記事

広告

広告

写真で見るニュース

  • アマゾンを通じた配送サービスのイメージ(アマゾンジャパン発表資料より)
  • Golf Touran(画像: フォルクスワーゲン グループ ジャパンの発表資料より)
  • 世界初公開となったアウディ・Q4 e-tronシリーズ(画像: アウディジャパン発表資料より)
  • 木星
  • Photo:最後に最上級機種「1300ccのスーパーデラックス」を販売するのが秘訣だった
  • Outback Wilderness(アウトバック ウィルダネス)(画像: スバルの発表資料より)
  • (C) 2020 20th Century Studios. All rights reserved.
  • e-POWERイメージ(画像:日産自動車株式会社発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース