バッテリ過熱・爆発騒動のGalaxy Note 7、旅客機内への持ち込むに対し罰則へ

2016年10月18日 16:15

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

あるAnonymous Coward 曰く、 米連邦航空局(FAA)が、バッテリの過熱や爆発が相次いでいるSamsungのスマート端末Galaxy Note 7の旅客機への持ち込みについて罰則を科すことを明らかにした(Engadget Japanese)。

 すでにGalaxy Note7は旅客機への持ち込みが禁止されているが、もし持ち込んだ場合、最大10年の懲役や最大179,933ドルの罰金が科せられる可能性があるという。ちなみに米国ではGalaxy Note 7は「危険物」扱いされているとのことで、Samsungが同端末の回収のために提供している梱包材は耐火コーティングされているそうだ。

 スラドのコメントを読む | ハードウェアセクション | ハードウェア | アメリカ合衆国

 関連ストーリー:
機内でのモバイル機器発火に備え、耐火バッグを装備する航空会社 2016年10月15日
Samsung、バッテリ発火問題を受けてGalaxy Note 7の生産を終了、全品回収へ 2016年10月12日
Galaxy Note 7、交換後の端末もリコールの可能性 2016年10月09日
バッテリー過熱問題が相次ぐGalaxy Note 7、国交省が航空機内での利用停止を求める注意喚起 2016年09月13日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードアメリカ米国SamsungGalaxyGalaxy Note7

関連記事