TPP協定「再交渉に応じる考え全くない」―安倍晋三首相

2016年9月28日 11:00

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

 安倍晋三総理は27日の衆院本会議で、TPP協定の再交渉について「仮に米国から求めがあっても応じる考えは全くない」と断言した。安倍総理は「さらなる譲歩を求められても応じる考えはない」とTPP協定案に変更が加わることはないと断言した。

 安倍総理は「TPPでの再交渉はあり得ない、との認識で(TPP各国間で)一致している。9月12日に石原伸晃担当大臣が米国を含めたTPP各国の駐日大使と意見交換した際にも、改めて(そのことは)確認されている」と答えた。

 安倍総理は「国会でTPP協定が承認され、法案が成立すれば、再交渉はしないとの立法府も含めた我が国の意思が明確に示される」と訴え、関連法案成立を図ることが、その意思を強く表明することになると訴えた。

 また安倍総理は国会で承認を受ければ「TPP発効に弾みをつけることができると考える」と語った。民進党の大串博志政調会長の質問に答えた。(編集担当:森高龍二)

■関連記事
「新たに審議せざるを得ないのでは」山井氏
野田幹事長 現行のTPP協定案に反対を表明
南スーダン「PKO5原則が壊れている」山井氏
国債頼みも財政収支の2020年目標揺るぎない
TPP審議に情報開示を政府に求める 二階氏

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

関連キーワード安倍晋三米国TPP(環太平洋経済連携協定)

関連記事