外国人旅行者数、7月は単月として過去最高

2016年8月18日 20:51

印刷

 日本政府観光局が発表した7月に日本を訪れた外国人旅行者数は、前年同月比19.7%増の229万7,000人で、7月としては過去最高となるとともに、単月としても過去最高となった。これまでの単月過去最高は2016年4月208万2,000人だった。

 夏期休暇シーズンで旅行需要がピークを迎える中、クルーズ船の大幅な寄港増加や航空路線の新規就航・増便などが訪日客の増加につながったとみられている。

 地域別では、中国が4月から3カ月連続で50万人超だったが、7月には単月として初めて70万人を超えて前年同月比26.8%増となる73万1,000人を記録した。韓国は同30.0%増の44万7,000人だった。

 アジア以外では、米国が同19.8%増の11万7,600人で、7月としては過去最高。フランスも同21.1%増の2万7,000人で同じく7 月として過去最高を記録した。一方、ロシアは同6.8%減の4,700人にとどまった。同局によると、経済制裁に伴う消費低迷の影響などが要因という。

関連キーワード中国韓国米国外国人旅行者アジアロシア

関連記事