南スーダン、現地治安が安定に向かうか注視している―菅義偉官房長官

2016年7月12日 21:37

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

 350人の自衛隊員がPKO活動で派遣されている南スーダンの首都・ジュバで「政府軍と元反政府軍との間で散発的に発砲事案が生じており、11日にも複数の発砲事案が発生している」と菅義偉官房長官は12日の記者会見で南スーダンの状況を説明。

 そのうえで「現地時間の11日夜、南スーダン政府は敵対行為の停止を命じる大統領令を出し、副大統領も元反政府軍の兵士に対し敵対行為の停止を命令した。日本政府としては、現地治安が安定に向かうのかどうか注視している。そのなかで、在留邦人の安全確保に全力で取り組んでいきたい」と状況を注視し対応していく考えを示した。

 またPKO活動について継続していく考えを示した。そのうえで、現在派遣中の自衛隊に「駆けつけ警護」などの新たな任務を負わせることはないとした。

 一方、秋以降の新たな派遣隊については「要否を含めて、新たな任務をつけるかどうか慎重に検討していきたい」と語った。

 PKO活動を継続できる状況かどうかの判断については、中谷元防衛大臣は「PKO協力法においての武力紛争が発生したとは考えていない」とし「発砲事案の発生をもってPKO参加5原則が崩れたとは考えていない」と菅官房長官と同様主旨の発言をしている。(編集担当:森高龍二)

■関連記事
安全確保し南スーダンでPKO続行させる
南スーダン戦闘再燃で邦人の安全確保へ政府対応
慎重に考え「悔いのない一票を」
安保できて後の方が北のミサイル開発進んでいる
自衛隊の災害ゴミ片づけに『違和感』

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

関連キーワードPKO自衛隊菅義偉官房長官南スーダン中谷元駆けつけ警護

関連記事