日韓軍事情報包括保護協定締結働きかける―中谷元防相

2016年4月1日 21:16

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

 中谷元防衛大臣は1日、日米韓首脳会談がワシントンで行われ、北朝鮮問題に対し「北朝鮮の核・ミサイル能力の進展は地域のみならず、国際社会全体の安全に対する直接かつ重大な脅威であるとの認識を共有し、あらゆる分野で、日米韓の緊密な協力を強化していくことを確認し、外務・防衛当局間で具体的な安保協力、防衛協力を前進させるべく事務方に指示をすることで一致した」と語った。

 中谷防衛大臣はそのうえで日韓のGSOMIA〈軍事情報包括保護協定〉について「日韓・日米韓、安全保障上の課題に対し、より緊密に協力していくために、早期に締結し、日韓で更なる情報共有を図っていくことが必要と考えている」と語った。

 中谷防衛大臣は「私としては信頼関係の構築を図りつつ、韓国側に日韓のGSOMIAの締結に向けた働きかけをこれまでも行ってきたが、引き続き、協議の場を通じて行っていきたい」と積極的に働きかけていく姿勢を示した。(編集担当:森高龍二)

■関連記事
米軍爆撃機の韓国での低空飛行は米国意思の表れ
日韓が未来志向の新時代に入る 国会報告で総理
「駆けつけ警護など周到な準備は今日から」総理
安保「危機だけ煽るのは全体見ない議論」谷垣氏
駆けつけ警護など付与の安保法制 29日に施行

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

関連キーワード韓国北朝鮮米国安全保障中谷元軍事情報包括保護協定(GSOMIA)

関連記事