三井物産、ブラジル沖合の深海探鉱鉱区権益を取得

2015年12月11日 17:41

印刷

ブラジル北部沖合の深海探鉱鉱区群の位置(三井物産の報道資料より)

ブラジル北部沖合の深海探鉱鉱区群の位置(三井物産の報道資料より)[写真拡大]

 三井物産は11日、英国BG Group傘下のBG E&P Brasil Ltda.(BG社)がブラジル北部沖合バヘイリーニャス盆地に保有する深海探鉱鉱区群権益の10%を取得したと発表した。

 鉱区面積は3,077平方キロメートルで、東京都の約1.4倍の広さに相当する。BG社とタイのPTTEP Brasil Investimentos em Exploração e Produção de Petróleo e Gás Ltda.(PTTEP BL社)とともに探鉱作業を行う。今後約4年間で、石油・ガスの存在を確認するため地質調査、試掘井掘削を実施する予定。

関連キーワード東京都ブラジル三井物産

関連記事