岩谷産業、福岡県庁舎に移動式水素ステーションを開設

2015年12月1日 13:19

小

中

大

印刷

岩谷産業は、福岡県庁舎の敷地内に商用移動式水素ステーション「イワタニ水素ステーション 福岡県庁」を開設した。(写真:同社発表資料より)

岩谷産業は、福岡県庁舎の敷地内に商用移動式水素ステーション「イワタニ水素ステーション 福岡県庁」を開設した。(写真:同社発表資料より)[写真拡大]

写真の拡大

 岩谷産業は11月30日、福岡県庁舎の敷地内に福岡市内初となる商用移動式水素ステーション「イワタニ水素ステーション 福岡県庁」が完成したと発表した。福岡県庁を拠点として燃料電池自動車に水素充填を行う。

 同社によると、今回の水素ステーションは、供給能力が100nm3/hで、1時間あたり2台の満充填が可能。

 同社は、2015年度末までに水素ステーションを20カ所建設する計画。現在までに首都圏、中部圏、近畿圏、中国、九州に開設しており、今回が11カ所目の開所となる。

 同社は今後も、水素ステーションの建設と水素の安定供給に努めていくとしている。

関連キーワード自動車燃料電池水素ステーション水素福岡県燃料電池自動車岩谷産業

関連記事

広告

写真で見るニュース

  • Photo:最後に最上級機種「1300ccのスーパーデラックス」を販売するのが秘訣だった
  • Outback Wilderness(アウトバック ウィルダネス)(画像: スバルの発表資料より)
  • (C) 2020 20th Century Studios. All rights reserved.
  • e-POWERイメージ(画像:日産自動車株式会社発表資料より)
  • 2021年シーズン カラーリングマシン(本田技研工業の発表資料より)
  • ©Bernardo Ramonfaur/123RF.COM
  • ジャイロ e:(ロスホワイト)(画像: 本田技研工業の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース