Y's 2022-23年秋冬コレクション - 形式と独自性の境界線を探る、服の解釈と再構成

2022年6月29日 08:25

印刷

記事提供元:ファッションプレス

 Y's(ワイズ)は、2022-23年秋冬コレクションを発表した。

■服の“形式”を整理、Y'sの文脈で再構成

 今季は、ワークウェアや制服、テーラリングといった一定の形式と機能を持つ服を主軸に、ディテールを置き換えたり崩したりすることで「Y'sの服」へと変化させる、その境界線を追求した。Y'sの提案する服や、様々な現代服の起点を遡っていくと、機能性を備えたユニフォームに辿り着く。脈々と様々な服に枝分かれしていった、その根源にある“形式”を整理し再解釈。Y'sの文脈に沿って咀嚼していくことで、独自のエレガンスと機能性をハイブリッドした「Y'sの服」に再構成している。

■“緩やかさ”がもたらすエレガンス

 フライトジャケットやモッズコート、MA-1といった、ミリタリーを起点とする無骨なアウターは、従来のシルエットを生かしつつ、緩やかなゆとりを持たせることで優美な佇まいに。アシンメトリーに仕上げたMA-1は、特徴的な前下がりのヘムラインはそのままに、袖や身頃に分量感を持たせてゆったりとしたオーバーシルエットに仕上げた。生地にはアクションペインティングを思わせる抽象化されたカモフラージュ柄ジャカードを採用し、凛とした存在感を放ちながらも落ち着いた静けさを漂わせている。

 また、保温素材のシンサレートを配したナイロンのパデットコートには、身頃からしなやかに連なるフードをプラスし、ショールのような雰囲気に仕上げた。フライトジャケットから着想を得たコンパクトなブルゾンは、異素材を切り替えて仕立てることで奥行きのある表情に。チンストラップと一体化した襟は、防寒性を高めるとともにユニークなアクセントとしても機能している。

■ブリティッシュムードのツイード&タータンチェック

 ブリティッシュの雰囲気を漂わせたツイードやタータンチェックウールのピースも散見された。温かなブランケットのように仕上げた大柄のチェックツイルを用いたコートは、全身をふわりと包み込む柔らかさとタフな表情を兼ね備えた1着。袖のファスナーを開いてスリットから腕を出すと分量感が増し、ケープをまとっているかのようなシルエットに変化する。

 この他、ワンピースのように流れるようなシルエットで軽快に仕上げたスコティッシュツイードのコート、たっぷりと袖や身頃に分量を持たせたチェック地のライダースジャケットなども登場している。

■既定の形式から“ずらす”

 ほころびや非対称性など、既存の形式からあえて少し“ずらす”ことによって、独自のラフさ生み出し、飄飄としたスタイルを描き出しているのが印象的だ。クラシカルなチェックのドレスは、柄の配置があえて左右非対称になるように仕立てることでグラフィカルな装いに仕上げ、アーガイル柄のブラウスは、ダイヤモチーフを服地と同じブラックに統一し、不均一にレイアウトすることで遊び心を効かせた。

 また、コートのショルダー部分には“切れ目”を施し、断ち切りの生地の間から下に重ねた生地をむき出しに。一見ピンタックのように見えるブラウスの前立てには、テープ状に裁断した断ち切りのパーツを並べ、エッジを効かせている。加えて、ピンストライプウールのタイトスカートには、下にもう1枚重ね穿きしているかのような、ダブルウエスト仕様を採用。ヴィンテージのアンダーウェアから着想を得たタンクスーツ型ドレスは極端なオーバーサイズに仕上げ、脚をぐるりと囲うようにファスナーを配置することでパンクなエッセンスを添えた。

※本記事はファッションプレスニュースから配信されたものです。ファッションプレスでは、ブランド、デザイナー情報、歴史などファッション業界の情報をお届けしています。

関連キーワード

関連記事