日経平均テクニカル:反発、「陽の陽抱き」も連続の5日線割れ

2022年1月24日 18:15

印刷

記事提供元:フィスコ


*18:15JST 日経平均テクニカル:反発、「陽の陽抱き」も連続の5日線割れ
24日の日経平均は反発した。ローソク足は3本連続陽線で終了。先週末21日の胴体部分が本日の胴体部分に収まる「陽の陽抱き」を示現。ザラ場高値と安値も先週末水準を超え、27500円前後での押し目買い需要を確認する形となった。ただ、25日移動平均線が下降を続けたほか、ザラ場高値は本日まで4営業日連続で5日線を下回っており、強力な下落トレンドが継続している模様。一方、一目均衡表では三役逆転下の弱気形状で大引けを迎えた。今週は雲上限と下限が交差する変化日が26日と28日に訪れるため、地合いが好悪どちらかの方向に急変する可能性に留意したい。《FA》

関連記事