トヨタ、「GRMNヤリス」を初公開 東京オートサロンで 500台限定で販売

2022年1月15日 12:54

印刷

GRMNヤリス(画像: トヨタ自動車発表資料より)

GRMNヤリス(画像: トヨタ自動車発表資料より)[写真拡大]

 トヨタ自動車のスポーツブランドであるTOYOTA GAZOO Racing(以下、TGR)は、1月14日に開幕した東京オートサロン2022において、ヤリスのGRMN版を初公開した。今回の新発表モデルは500台限定で、2022年夏ごろに発売される。

【こちらも】トヨタ、フルモデルチェンジした新型「ノア」「ヴォクシー」発売 新機能を多数搭載

 ヤリスは2020年に前身のヴィッツから改名したコンパクトカー。GRモデルは2020年9月に登場。FIA世界ラリー選手権などグローバルな活躍を見せており、今回のGRMNヤリスもモータースポーツのノウハウを背景にさまざまな技術を備えている。

 スペックでは従来モデルからさまざまな改善を見せた。約20kgの軽量化、車高10mm低減などでコントロールのしやすさを向上。ボディ剛性も強化しており、加えて全幅10mm拡大などで空力改善にも努めた。

 ほかにも機械式LSD、クロスギアレシオトランスミッション、ローファイナルギアのセットをスポーティな走りにつなげる。開発にあたってはプロドライバーの走り込みも徹底したそうだ。その結果最新モデルのGRMNヤリスは、コーナリングやグリップなどの性能を向上させている。

 最新モデルのGRMNヤリスの発表にあたり、TGRではアップデートプログラムとパーソナライズプログラムのサービスを公開。前者ではレースごとのリアルタイムなヤリスの進化を実現。後者ではカスタマイズにより新しいパフォーマンスを引き出す体験を味わえるという。

 また特別な外板色であるマットスティールを取り入れた”Circuit package”も公開。ベースグレードに対する販売店装着オプションとしては、全日本ラリー選手権のフィードバックを受けた”Rally package”も用意した。

 メーカー希望小売価格は731万7,000円~846万7,000円(消費税込)。14日からTGRの公式サイトにて予約抽選へのエントリーをスタートしている。

関連キーワード

関連記事